2020年6月に最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開が控える「エヴァンゲリオン」シリーズの新ゲームプロジェクト『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』(EVABF)が12日、発表された。同日に千葉市内で行われた発表会では、開発中のゲーム画面が公開された。

【ゲーム画面】『エヴァンゲリオン バトルフィールズ』より

 EVABFの開発中画面では、エヴァンゲリオン初号機とエヴァンゲリオン零号機が掴むシーンが解禁。矢野慶一総合プロデューサーは「ネットワーク型の対戦アクションゲーム。新劇場の世界を舞台にし、完全再現しようと鋭意製作中です」と同作について説明した。第3新東京市を舞台にエヴァ同士が戦いを繰り広げ、「通常のエヴァの世界観ではないですね」と同作にとっての新境地になるという。

 一足早く製作中のゲームを試遊した創作あーちすとののんは「すごく楽しかったです。自分がエヴァに乗ったような感覚になる」と感想を口にした。

 EVABFは基本無料でダウンロード可能。ゲーミングトイと連動し、キャラクターを呼び出すこともできる。