女優の戸田恵梨香が主演する、連続テレビ小説『スカーレット』(9月30日スタート)第1週分の試写会が11日、大阪市内のNHK大阪放送局で行われた。

【写真】笑顔が素敵…意気込みを語った戸田恵梨香

 同ドラマは、戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子、川原喜美子が主人公。両親と2人の妹との暮らしは貧しく、喜美子は幼い頃から水くみをしたり、洗濯したり、食事を作ったり…、一家を支える働き者の女の子だ。

 第1週は、大人になった喜美子を演じる戸田の出演は冒頭の1シーンだけ。あとは9歳の喜美子を子役の川島夕空が熱演している。試写会後の会見で戸田は「“ちび喜美”ちゃんが一生懸命家族を支えている姿を見ると、私も勇気をもらいましたし、『なんて魅力的な女の子なんだろう』と思って、夕空ちゃんのお芝居に感動しました」と、川島を絶賛。

 「2週目以降もそうですけど、彼女の成長していく姿をもっともっと見たいと、私も思ってしまうくらい魅力的な内容になっていました。私も夕空ちゃんに負けないように、ますます頑張っていきたいと思います」と、語った。

 戸田は第2週の後半から登場。15歳になった喜美子から演じる。その後のストーリーは――中学校卒業後、大阪の下宿屋で女中として働くことなり、3年後に地元に戻って、信楽焼にひかれて、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込むことに。やがて、結婚し、子どもも授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まるが、幸せなはずの生活は思惑どおりにいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている――というもの。

 制作統括の内田ゆきチーフプロデューサーは「連続テレビ小説101作目となります『スカーレット』ですが、“朝ドラ”の原点に帰りまして、ヒロインの成長を分かち合っていただくこと、明るさと楽しさをお茶の間にお届けすることを、スカーレットの“炎”で半年間、頑張りたいと思っています」と、“原点回帰”をアピールしていた。

■放送予定
9月30日(月)~2020年3月28日(土)、全150回
総合テレビ:月~土 前8:00/後0:45(再)
BSプレミアム:月~土 前7:30/後11:30(再)、土 9:30~11:00(1週分)