女優の高畑充希が主演する10月9日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜 後10:00)が、クランクインを迎えた。この日は高畑演じる主人公の北野サクラのほか、彼女の同期役の橋本愛演じる百合、新田真剣佑演じる葵、竜星涼演じる菊夫、岡山天音演じる蓮太郎の5人が勢ぞろいしての『入社式』のシーンからの撮影となった。

【写真】同ドラマで民放連ドラ5年ぶり出演を果たす橋本愛

 同ドラマは高畑が主演し話題を呼んだ同局連ドラ『過保護のカホコ』制作チームが集結し、高畑と、脚本家・遊川和彦氏が再タッグ。過疎の離島で育ち、故郷に橋をかけるという夢のためには、どんな障害にも自分を曲げない、忖度できないサクラが駆け抜けた10年間を毎話1年ずつで描いていく。

 クランクインの舞台となったのは、サクラたちが入社する『花村建設』という大手ゼネコンの入社式。入社式を終え、少しぐったりとしながら大勢の新入社員たちが帰路へ向かう中、研修グループのリーダーに任命されたサクラが、チームメンバーの4人を1人ずつ大きな声で呼び止めるシーン。まさしく5人が初めて出会うシーンから、5人そろっての収録は始まった。

 この日は、台風が関東地方に接近しているタイミングだったため、日差しも強く、時折突風が吹く天候。巨大な花村建設の看板前で、強風に吹かれながらも、5人は思い思いのポーズでクランクインの記念写真を撮影。ここからサクラの10年にも及ぶ物語が幕を開ける。

 高畑は「これまで色々なことを皆で話したり、リハーサルをしてきましたが、ようやくクランクインの日を迎えることが出来ました。初めて同期5人そろっての撮影で、みんなのスーツ姿も初めて見ましたが、新入社員らしく、パリっとしていて格好よく、すてきだと思いました。サクラだけはグレーで、ちょっと、どことなくもさっとしたスタイリングなので(笑)」と自虐を込めつつコメント。

 そして「まだまだ手探りの部分もありますが、みんなで面白いものにしようと頑張りますので、10月9日スタートの『同期のサクラ』をぜひ楽しみに待っていていただけると嬉しいです」と意気込みを語っている。