婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン3が13日よりAmazon Prime Videoで配信されている。同番組の魅力といえば、バチェラーを落とすための“色仕掛け”を始め、女性同士のバッチバチのバトル、バチェラーへのキスの奪い合い、さらには号泣する女性などで、数々の名シーンが誕生した。シーズン3の配信に先立ち、その予想を裏切るドラマを展開し、“中毒者”を続出させていた過去の名シーンの一部を一挙プレイバックする。

【場面カット】あずあず伝説のオイルマッサージ 林太郎の表情も注目

■『バチェラー・ジャパン』シーズン1

●女性陣絶句。ローズセレモニーで木村ゆかりさん、まさかの辞退
 エピソード2で放送された、カクテルパーティ後に行われたローズセレモニーでの一幕。バチェラー(久保裕丈)から名前を呼ばれた木村さんの選択は、まさかの辞退だった。さまざまな葛藤があり辞退という決断に至った。予想外の展開に驚きのあまり絶句してしまう女性陣の姿も…。『バチェラー・ジャパン』過去シリーズの中でも、ローズを受け取らず辞退したのは、木村さんただ一人だけ。

●2人だけの空間でこっそり…岡田ゆり子さんの“ぬけがけ”チュー
 舞台を富士から沖縄に移したエピソード4では、大胆な“ぬけがけチュー”が大きな話題に。沖縄初日のパーティの際、終了の合図を司会進行役の坂東さんに告げられたにも関わらず、「10分だけ!」と手を挙げて2ショットタイムをゲットした岡田さん。インタビューで「あした帰るかもしれないから、時間を大事にしなきゃいけない」という宣言の通り、自分の想いを伝え、さらに一瞬の隙をついてバチェラーのほっぺにキス。言葉はもちろん、さりげないボディタッチもちりばめられ、強力なアピールとなった。

●鶴さん暴走!女性陣あ然!バチェラーの服を脱がせて後ろから…
 自身の抜群なスタイルと色気を駆使した、鶴さんの露骨な色仕掛けも参加女性はもちろん、視聴者も驚かせた『バチェラー・ジャパン』の中でも歴史に残る名シーン(?)の1つ。沖縄の海で2ショットタイムをゲットした鶴さんは、突然バチェラーに「(服を)脱いで」とリクエスト。シャツを脱ぎ捨てたバチェラーの上半身をニコニコしながら見つめる鶴さん。それだけでは物足りなくなった鶴さんは、なんと水着姿のままバチェラーにぴったりと密着。首筋の匂いをかいだり、背中をキスするような体制でバッグハグするなど“大暴走”で、女性陣からは悲鳴があがっていた。

●森田紗英VSその他女子 集中攻撃の悪口合戦がぼっ発…
 シーズン1最大の“修羅場”といえば、このシーン。「次のデート相手を自分で決めることができる(デート相手が自分でも可)」というデートをきっかけに、事件は発生。デートの相手を決める柏原歩さんが、デート相手に選んだのは、自分より下に見ている存在の“もりもり”こと森田紗英。もりもりはバチェラーとデートを果たすと、まさかの次のデートも「次のデート相手を自分で決めることができる」という同じ内容。迷いつつも、デート相手に自分自身を選んだ森田さん。これまで2ショットデートの機会が少なかったとはいえ、立て続けの2ショットデートに女性陣から批判殺到。それに加え、普段の立ち振る舞いや言動についても女子たちから注意や非難を受けることとなり、森田さんはインタビューで「怖い…」と大粒の涙を流す事態にまで発展した。

●“ローズモンスター”あずあず降臨! 伝説のオイルマッサージ
 のちに“ローズモンスター”という異名で呼ばれることになる、“あずあず”こと野田あず沙さんが大活躍! 中でも存在感を印象付けたのは、沖縄旅でのシーン。沖縄の海で行われたビーチフラッグ対決で見事勝利したあずあずが、バチェラー(小柳津林太郎)との2ショットタイムをゲット。この日、バチェラーの誕生日ということもあり、あずあずからバチェラーへ贈られたのは、なんと“オイルマッサージ”。突然始まったセクシーマッサージで、喜ぶバチェラーの反応とは裏腹に、女性陣からは「なんかエロい」「あんなところでマッサージするのは何か違う…」というドン引きの声が続出していた…。

●林太郎の“ほっぺチュー”争奪戦 マウントの取り合いで一触即発…
 シーズン2を通して多かったのが“ほっぺチュー”。小柳津さんからのファースト“ほっぺチュー”をゲットしたのは、ファーストインプレッションローズを受け取った、岡田茉里乃さん。その勢いのまま、2ショットデートに誘われた岡田さんがヘリデートを満喫した際、ほっぺにチューされたことを他の女性陣に告白すると「はぁ!?」「展開早い!」と怒りと嫉妬の声が止まらず…。他のメンバーも負けじと、次々とチューが乱れ飛んだ。初めての2ショットでートでほっぺチュー×2をゲットしたあずあずは「茉里乃ちゃんへのスキンシップは愛情表現だったんだなと。私も2回あったし」と語り、周囲にマウントを取るような場面も。その後もバチェラーは、気持ちが動いたらキス、女性からおねだりされればキス…。後にカップルとなる倉田さんを始め、右手さん、桃田さんなど、さまざまな女性へほっぺチューをプレゼント。この“ほっぺチュー”をきっかけに、シーズン2では、女性たちが火花を散らす場面が多く見られることとなった。

●バチェラーが史上最大にデレる。“若さま”との混浴デート
 「ミスユニバース」や「ミスアースジャパン」などで上位に入るほどの美しさを持つ、“若さま”こと若尾綾香さんの活躍も印象的だった。高飛車で計算高い若さまは、女性陣がしのぎを削るカクテルパーティでも常に余裕の表情。他の女性陣とは違う空気を漂わせるミステリアスな一面に、バチェラーも徐々に魅了されていった。若さまとバチェラーの2ショットデートの中でも印象的なのが、混浴デート。「色気で落としてくるわね」という宣言通り、色気をムンムンに漂わせながら身体を密着。そんな若さまとの“特別なデート”に、バチェラーも思わず「なんか恥ずかしいなぁ…」と赤面し、デレデレ。過去シーズン通しても強力な色仕掛けシーンの1つとなった。

 同番組は、成功を収めた1人の独身男性=バチェラーのたった1人のパートナーの座を勝ち取るために、性格もバックグラウンドも異なる20人の女性たちが競い合う。国内外、様々なシチュエーションで展開されるバチェラーとの非日常的なデートや、女性たちが一堂に集まり火花を散らし合うカクテルパーティなど、種々のイベントを通じて繰り広げられるむき出しの人間ドラマを描く、やらせなし、台本なしのリアティ番組となっている。