俳優の千葉雄大が主演の映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2020年2月21日公開)に、今年公開された『映画刀剣乱舞』で主演を務めた鈴木拡樹や、女優の今田美桜ら総勢13人の追加キャストが10日、発表された。

【動画】映画『スマホを落としただけなのに』続編の特報映像が初解禁

 同作は、北川景子主演で田中圭らが共演し、2018年11月に公開され興行収入19.6億円を記録した『スマホを落としただけなのに』の続編。前作で“過去にトラウマを持つ”刑事・加賀谷を演じた千葉が主演、獄中の“連続殺人鬼”・浦野を怪演が話題を集めた成田凌が続投し、加賀谷の恋人・美乃里を白石麻衣(乃木坂46)が演じる。メガホンを取るのは、前作に続き『リング』シリーズで知られる中田秀夫監督。“誰にでも起こりうる身近にある恐怖”、さらに警察組織を巻き込んでのサイバー犯罪を描く。

 今回発表された追加キャストは、鈴木と今田のほかに、井浦新、田中哲司、音尾琢真、江口のりこ、奈緒の俳優陣。お笑い界からは、ずんの飯尾和樹、アルコ&ピースの平子祐希にアキラ100%が参戦。さらに音楽界からは、男性3人組音楽グループ・Sonar Pocketのko-daiが映画初出演を果たすほか、モデル界からは高橋ユウ、谷川りさこも出演。誰がどのキャラクターを演じるのかは、まだ明らかにはなっていない。

 あわせて、特報映像が初解禁。美乃里がスマホを落としたことによって、新たな事件が発生し、何者かによって美乃里の日常生活が暴かれてしまう。事件を追う刑事・加賀谷は、恋人を守るために懸命に捜査する。一方、囚われの身になった浦野は「また悲劇が起きますよ」と言葉を発し、これから起きる不気味な予感を感じさせる映像になっている。