俳優の石田純一(65)、妻でプロゴルファーの東尾理子(43)、第3子となる次女・つむぎちゃん(1)が10日、都内で行われた「エアトリで3世代旅」イベントに理子の父・東尾修氏(69)とともに登場。つむぎちゃんが芸能イベントにゲストとして登場するのは初で、親子4人そろって記念となる日を喜んでいた。

【動画】石田と東尾修がつむぎちゃんを巡って勝負

 同イベントは、オンライン総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が開催したもので、16日の“敬老の日”にあわせて子育てや家族旅行にまつわるトークショーを展開。修氏は「石田も息子なのですが…」と年齢が近いことをイジりながら「今は何歳まで生きられるか勝負をしている。80歳がひとつを目標にしている」と孫が生活の生きがいになっていると告白。

 石田は「こどもたちの人生とともに新しい人生を歩んでいる。どれだけ、良い思い出を作れるか…」と熱く持論を展開していると、つむぎちゃんが「あう~」と言い始めて「長いって注意されちゃいました」と苦笑いを浮かべていた。

 この日は、つむぎちゃんが、どちらに行くかで勝負する「修おじいちゃん VS 純一パパ こっちにおいで」対決を実施し、どちらに懐いているか勝負することに。始める前に石田は、「最近は嫌がられているのか、無視されています。抱っこをしても泣き止みませんね…。夜は寝かせたりしていたのですが、抱っこで肘をやられていて、“抱っこ肘”となり腱鞘炎になりましたし…」と弱音。

 始まると、修氏は「じいじ、こっちだよ! じいじ!」と必死にアピールしたが、つむぎちゃんはすぐに石田を見つけて一直線に向かい笑顔。これには石田は驚きながら「ありがとう」と喜び、修氏は「つむぎ…」と嘆いていた。

 そんな修氏は長男・理汰郎くんへ野球指導をしているそうで「僕は運動担当で、週に1回野球やゴルフをやらせている。うちにはプロのゴルファーと野球選手がいる」と自慢げ。すると、石田は「『素人は口出しをするな!』と言われるんですよ~。キャッチボールをしているのですが、もうちょっと腕を振れとか言いたいのですが…」と英才教育に口出しできないと説明し、修氏は「教えるな! 子どものためだ」と譲らない姿勢を見せた。