人気グループ・King & Princeの永瀬廉とDISH//の北村匠海が10日、都内で行われたカンテレ・フジテレビ系スペシャルドラマ『FLY!BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました』(24日 後9:00)の製作発表に出席した。ともに航空会社のキャビンアテンダント(以下、CA)を目指して奮闘する訓練生を演じた2人は、この日、黒を基調にした制服姿を披露。永瀬は「ちょっと俺ら、争ったよね」と顔を見合わせ、北村は「どっちが似合ってるか説っていうのを…」と裏側での“対決”を明かした。

【全身ショット】どっちが似合ってる?永瀬廉、北村匠海らの制服姿

 すでに「勝敗はついている」という2人は、どちかが似合っているかを『せ~の』で言うことに。同時に「俺」(永瀬)「廉くん」(北村)と永瀬の勝利が確定すると、北村は「確実に敗北を喫したね。冷静に鏡を見た時に『あれ、思ってたより、違うな』って…」と白旗をあげるも、「ドラマ内でスーツを着ているシーンがあったんですけど、それは俺が勝った」と主張。永瀬は「俺は認めてないけどね?」と対抗心を燃やし「スーツでも自分が勝ってると思ってる。後は見てくれた人が決めて」と勝敗の行方は視聴者に委ねた。

 記者から「どちらが似合ってるか」と聞かれたヒロインの黒島結菜は、永瀬から「立つ?大丈夫?」と迫られ「どっちもとも言えない空気になってます」とタジタジに。黒島は女性ながらパイロット候補生・高山つばさを演じており、自身の制服について「これが一番かっこいい。メンズ仕様というか、ジャケットもシャツも大きかったりするので、女性が着ることで出るかわいさがあってお気に入りなんです」と明かせば、永瀬「みんな自分やな、結果、自分。自信持っていかないと」と笑いながら胸を張っていた。

 会見には、訓練生仲間の郷田勇一役の岐洲匠、黛正太郎役の小越勇輝らキャストが登壇。主人公・朝川千空(あさかわ・ちから)としてドラマ初主演となる永瀬は「なかなか普通の人が体験できないことをたくさん体験できて、すばらしいキャスト・スタッフの方に囲まれて、初主演ということを気負わずにやらせていただきました」と満足げ。

 飛行機が登場する内容にちなみ、行ってみたい旅先を聞かれた北村は「フィンランド。サウナですね」と“サウナーぶり”を披露するも、永瀬はなぜか「バナナ好きやん」とツッコミ。「サウナの話をさせてくれよ。フィンランドがサウナ大国なので、サウナいって雪山にダイブしたい」と理由を説明している最中に、永瀬は「…フィリピンか!バナナは!」と勘違いを白状。爆笑を起こすと、北村も「全部もってくやん!おそろしいわ」とお手上げ状態に。

 その後も丁々発止のやりとりで、コンビネーションの良さをみせた永瀬と北村。永瀬は「すごいしょーもないことに乗っかってくる匠海くんが意外やった。クールはあんねんけど言ってることはアホ。合わせてくれてるのかもだけど、僕らと話すときはクールアホ」と言い放てば、北村は「スイッチ入ればめちゃくちゃクールよ?」と反発。

 一方、北村は「永瀬くんは、現場で『はじめまして』でどんな人なんだろうから始まって、喋りだしたら三歩目くらいに距離の詰め方がものすごい。完全に現場の中心になってすごいなって。あれがなかったら、最後までギクシャクしてたかも?」とコミュニケーション能力を絶賛。「一緒にやる上で、お芝居に対して真摯(しんし)な姿にみんな引っ張ってもらってた感じ。座長!いいこと言ってます。よっ座長!すごいぞ!座長!」と大げさに褒めだす北村に、永瀬は「やめて?太鼓持ち下手か?もうええわ」と漫才コンビのようなやりとりで笑わせていた。