女優の夏帆が、賀来賢人主演の日本テレビ系期連続ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(10月13日スタート、毎週日曜 後10:30)に出演することがわかった。同局のゴールデン・プライム帯連続ドラマへの出演は実に12年ぶり。

【写真】主人公の上司でヒロイン役の広末涼子

 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』を手掛けた脚本家・武藤将吾氏によるオリジナル作品。主人公は叩き上げで捜査の最前線を任され、冷徹で目的のためには手段を選ばない刑事・遊佐清春(賀来)。森の中で目を覚ますと、直前数ヶ月の記憶を失っていた。右手には拳銃、そして横には上司だった女性刑事・薫(広末涼子)の亡骸が遺されていた。物語の要となる人物、捜査一課長・南武修介で北村一輝も出演する。

 夏帆が演じるのは、常に事件の香りを追い求めるフリーライター・深水咲良(ふかみ・さら)。誰も寄せ付けぬエキセントリックな主人公・遊佐清春とも丁々発止のやり取りを繰り広げる心の強き優しき女性だ。

 清春が根城にしている喫茶店のマスター・深水の娘であり、3年前にある事件で自身の姉を亡くしている。清春が連れてきた薫の一人息子、克喜を心配する気持ちからこの事件に絡んでいくこととなるが、そんな咲良にも物語の中で様々な謎が明かされていく。

 「福井プロデューサーのこのドラマにかける熱意に圧倒され、そして今までの刑事ドラマをくつがえす作品を作りたいという言葉に共感し、この作品に参加してみたいと胸が高鳴りました」と明かす夏帆。「主演の賀来さんとは2度目の共演ですが、同世代の中でも、とても力のある役者さんだという印象があります。曲者揃いのキャラクターのなかで、わたしが演じる深水咲良という役は、作品の中でも主人公にとっても、ホッと一息つけるような、そんな役になっていけたらと思っています」と役作りを思い描いた。

 また、「この物語の終着点が、現段階でわたし自身も読めず、手さぐりの状態ですが、間違いなく記憶に残る、そして今クールで一番熱いドラマになるのではないかと思います。ぜひ楽しみにしていてください」とコメントしている。