大人気アニメ『機動戦士ガンダム』が1979年の初回放送から40年を迎えたこと記念するプロジェクトの一貫としてガンダム初のオールタイムベストフェス『GUNDAM 40th FES. “LIVE-BEYOND”』2日目が千葉・幕張イベントホールで開催された。澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]のステージには、サプライズゲストとしてT.M.Revolution/西川貴教が登場した。

【ライブ写真】優雅なピアノを披露する澤野弘之

 ヴォーカルにTielleを招いて、1曲目にテレビアニメ『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』のオープニングテーマ「Into the Sky」を披露。バックのスクリーンにダグザやギルボア、ロニの最期や、バナージとジンネマンの砂漠のシーンが流される中、優雅に壮大に歌い上げた。続けて、mpiもヴォーカルに迎え入れ、劇場版アニメ『機動戦士ガンダムNT』のメインテーマ「Vigilante」をパフォーマンス。見事な歌声とナラティブガンダムA装備とユニコーンガンダム3号機フェネクスや、シナンジュ・スタインの対峙シーンがマッチしていた。

 そして澤野は「みなさんに『おぉっ』て思われたい。澤野[nZk]連邦軍の新型モビルスーツを出撃させたい。とくと、その性能とやらをご覧いただければ」と話し、「ビギニング」のイントロが。前日にはT.M.Revolutionのステージで澤野がサプライズで登場して披露した曲だ。ファンの喜びの声に応えるように、ステージに現れたのは西川貴教で大きな拍手を受けていた。

 コラボは1曲では終わらなかった。続けざまに『機動戦士ガンダムSEED』の挿入歌でも人気の高い「Meteor -ミーティア-」のイントロが。ファンのボルテージは上昇する一方に。キラが初めてフリーダムガンダムに搭乗するシーンや、35話「舞い降りる剣」でアークエンジェルの前に降り立つ瞬間、カガリと父の別れの場面などを背景に歌い上げると、ファンを聞き入らせた。

 歌い終わると澤野は「紹介します。SawanoHiroyuki[nZk]軍のユニコーンガンダム。西川貴教」と紹介。西川は「キュピーン」と額の前でピースをして“角割れ”を再現して沸かせた。

 西川といえば同フェス1日目で劇場版『機動戦士ガンダムSEED』について「聞きました。『ガンダムSEED、どうなっていますか』と。GMの方はおっしゃいました。『動いています』と」と言質を取ったことを報告し、大きな話題となっていた。この日も、これに触れ「きのう、あらぬことを申し上げたせいで各方面がざわついております」と苦笑いし「終わってからサンライズの上の人や、バンダイの上の人に『あれは言わない約束じゃないですか…』と言われました」と裏話を暴露。続けて「俺は、関係者である前に、いちガンダムファン」と立ち位置を明確にすると「みなさんの立場に立ち、みなさんのインターフェイスとして今後も情報をたれ流して参りたいと思います」と高らかに宣言した。最後は「俺がガンダムだ!」と『機動戦士ガンダム00』の刹那の名言を叫んでいた。

 澤野は「西川さんと40周年のステージで、ご一緒にできるとは。ガンダムに僕と西川さんを」と話し、2人で頭を下げていた。そして、ラストにTielleを呼び込むと「Cage」を披露し、ファンの満足度をさらに高めていた。

■『GUNDAM 40th FES. “LIVE-BEYOND”』2日目セットリスト
【BACK-ON】
01.セルリアン
02.Carry on
03.ニブンノイチ
【Bish】
04.光の涯/SUGIZO feat.アイナ・ジ・エンド(BiSH)
05.Ash Like Snow
【May J.】
06.月の繭
07.ふたりのまほう
【森口博子】
08.水の星へ愛をこめて
09.Z・刻を越えて
10.暁の車
11.ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~
【伊藤由奈】
12.trust you
13.オルフェンズの涙
【澤野弘之/SawanoHiroyuki[nZk]】
14.Into the Sky/Vo.Tielle
15.Vigilante/Vo.mpi&Tielle
16.ビギニング(T.M.Revolution/西川貴教コラボ)
17.Meteor -ミーティア-(T.M.Revolution/西川貴教コラボ)
18.Cage/Vo.Tielle
【LUNA SEA】
19.宇宙の詩 ~Higher and Higher~
20.悲壮美
21.BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~
22.THE BEYOND