NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)。9月9日からの第24週「なつよ、この十勝をアニメに」では、18年間勤めてきた東洋動画を辞めたなつ(広瀬すず)が、麻子(貫地谷しほり)が立ち上げたアニメ会社・マコプロダクションで新たな道を歩み始める。

【写真】ロケハンのため十勝を訪れたマコプロのメンバー

 東洋動画を辞める日。なつは、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)、堀内(田村健太郎)たちとあいさつを交わし、これまで仲間とともに試行錯誤してきた日々を思い出す。そして、いよいよマコプロ入りしたなつ。麻子や坂場(中川大志)、神地(染谷将太)たちと、満を持して新しい企画に挑戦するのだった。

 「大草原の少女ソラ」の企画が動き出し、作画監督を任されたなつ。仲間たちと舞台となる十勝の大地へとロケハンに赴き、美しい風景をスケッチして周り、泰樹(草刈正雄)が語る開拓時代の話に大きく心を動かされる。そして、1974年秋、大自然の中に生きる家族を感動的に描いたアニメは話題を呼び、初めこそ視聴率は上がらなかったものの、少しずつ子どもやその親たちからの反響が出始める。