俳優・佐藤浩市が主演を務め、渡辺謙が共演し、東日本大震災時の福島第一原発事故を描く映画『Fukushima 50』(2020年3月公開)に出演する総勢37人の追加キャストが9日、発表された。女優の吉岡里帆が佐藤の娘役、その恋人役に斎藤工など豪華な俳優陣が集結した。

【動画】映画『Fukushima 50』の本編映像が解禁に

 2011年3月11日に発生した、東日本大震災。原発事故の現場に残った名もなき作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれていた。世界中が見守っていた現場で何が起きていたのか。浮き彫りになる人間の強さと弱さ。東日本全体へ危機が迫る中、死を覚悟して残った職員たちの知られざる“真実”を描く。佐藤は原子炉から最も近い中央制御室を指揮する1・2号機当直長の伊崎利夫、渡辺は福島第一原発所長だった吉田昌郎さんを演じる。

 吉岡が演じるのは、伊崎の一人娘・遥香。富岡町の避難所で連絡が途絶えた父の身を案じる。斎藤が演じる遥香の恋人・滝沢大は、会津若松で彼女の無事を祈る役どころ。そのほか、原子炉建屋の電源復旧のために尽力する発電班長・野尻庄一役に緒形直人、管理グループ当直長・大森久夫役に火野正平、第2班当直長・平山茂役に平田満、第2班当直副長・井川和夫役に萩原聖人、伊崎の妻・伊崎智子役に富田靖子、そして内閣総理大臣役を佐野史郎が演じる。

 あわせて、初の本編映像が解禁。東日本大震災発生時、大きな揺れの中、机にしがみつきながら大声で指示を出す伊崎、一方で緊急時対策室の吉田所長は、電話を片手に絶句する。そして、高さ10メートルを超える大津波が福島原子力発電所を襲うと、吉田所長は「東日本は壊滅」と最悪の事態を想定。それでも伊崎は「最後に何とかしなきゃいけないのは、現場にいる俺たちだ!」と必死に鼓舞する。映像のラストでは伊崎が「俺たちは、なにか間違ったのか?」とつぶやき、事態の重さを感じさせる予告になっている。

■そのほか、追加キャスト
・堀部圭亮(第1班当直副長・加納勝次役)
・小倉久寛(第3班当直長・矢野浩太役)
・石井正則(管理部当直長・工藤康明役)
・和田正人(第1班当直主任・本田彬役)
・三浦誠己(5・6号機当直副長・内藤慎二役)
・須田邦裕(第1班当直主任・山岸純役)
・金井勇太(第1班補機操作員・宮本浩二役)
・増田修一朗(第1班補機操作員・小宮弘之役)
・堀井新太(第1班補機操作員・西川正輝役)
・邱太郎(第1班主機操作員・小川昌弘役)
・池田努(第1班主機操作員・松田宗介役)
・田口トモロヲ(ユニット所長・福原和彦役)
・皆川猿時(保全部部長・樋口伸行役)
・小野了(防災安全部部長・佐々木明役)
・天野義久(復旧班注水チーム・望月学役)
・金山一彦(復旧班電源チーム・五十嵐則一役)
・金田明夫(内閣官房長官役)
・阿南健治(経済産業大臣役)
・伊藤正之(首相補佐官役)
・小市慢太郎(原子力安全委員会委員長役)
・矢島健一(原子力安全・保安院院長役)
・段田安則(東都電力フェロー・竹丸吾郎役)
・篠井英介(東都電力常務・小野寺秀樹役)
・前川泰之(陸上自衛隊陸曹長・辺見秀雄役)
・津嘉山正種(伊崎の父・伊崎敬造役)
・中村ゆり(前田拓実の妻・前田かな役)
・ダンカン(福島民友新聞記者役)
・泉谷しげる(避難住民・松永役)
・ダニエル・カール(在日アメリカ軍将校ジョニー役)