俳優の陣内孝則が、9日放送の九州朝日放送(KBC)の月1レギュラー番組『羽鳥×宮本 福岡好いとぉ』(後6:55)に出演。羽鳥慎一を「福岡好き」にさせるべく始まった同番組が今回、福岡を飛び出して東京へと進出。タモリ、博多華丸・大吉といった大物有名人たちが一同に集う「芸能界福岡県人会」の発起人である陣内が、東京にある福岡の味・上京してから涙の味を案内していく。

【番組カット】陣内孝則の熱弁に羽鳥慎一も感心

 テレビ朝日系列『羽鳥慎一モーニングショー』で全国の朝の顔である羽鳥と、KBCテレビ『アサデス。KBC』『アサデス。九州・山口』で福岡の朝の顔である宮本啓丞アナが、同い年のタッグを結成。KBC開局65周年記念番組のひとつとして、開局以来初となる「ゴールデンタイムでのレギュラー番組」として、今年1月から毎月1回、月曜日の午後7時から放送されている。

 陣内は今回、県人会の代表らしく東京のど真ん中で福岡の方言まるだしで福岡愛を語りまくり。陣内が惚れた東京の美食名店を巡る「はとりばす」ツアーでは、米倉涼子を連れて行く博多もつ鍋屋、陣内が上京してすぐの貧乏生活時代に唯一のぜいたくだった、新宿・歌舞伎町にある老舗洋食レストランをめぐる。さらに、羽鳥がプライベートで通う激ウマとうふ料理などを食べていく。

 陣内から飛び出す県人会のエピソードや、福岡ネタの数々に、羽鳥も「今回、一番福岡の気質というか人情を感じた」と充実感をにじませていた。