俳優の西銘駿が9日、都内で行われた映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』(10月4日公開)の完成披露上映会に登壇。映画のタイトルにちなみ、これまでついた“ウソ”を聞かれた西銘は「中学2年生の弟がいるんですけど、竹内涼真くんより俺のほうが稼いでるから!というウソをついてます」と明かし、会場の笑いを誘った。

【集合ショット】岩永徹也、稲葉友、堀田茜ら豪華キャストが集結!

 西銘は「弟にとって僕は、一番良い兄貴であってほしいんで『お兄ちゃんはエリート』ということを思い込ませているんです」とニヤリ。さらに、弟は竹内が日本のトップ俳優だと思っていることから、自分の方が稼いでいることを弟に主張。西銘は「弟は僕のことをお金持ちだと思っています」と話した。

 『仮面ライダードライブ』で竹内と共演していた稲葉友は、この話を聞くと「これで記事になって涼真に迷惑かかったら許さないぞ!」と激しいツッコみ。最後はMCが「ウソが現実になったらいいですね。頑張ってください」と西銘に言葉を投げかけると、稲葉は「MCさんが一番良い締めをしてくれた」と感謝していた。

 撮影を振り返った稲葉は「西銘が小悪魔。どんどんみんなの心を奪っていって、僕も奪われました」といい、西銘は照れ笑い。稲葉は西銘に対し「今作でもそうなんですけど、いつも笑顔を振りまく男の子で。みんなの心を奪っていく。西銘がかわいかったなあという思い出が強いですね」と告白。

 続いて西銘もエピソードを披露しようと「中華街!」と叫ぶも、その後の言葉が続かず、稲葉から「中華街でしゃべれなくなる呪いでもかかっているの?」とツッコみが。すかさず西銘は「ネタバレになっちゃうんで…」とするも、久保田悠来からは「それが小悪魔だよ」と、キャストから愛されている一幕もあり、会場を盛り上げていた。

 同作は400万ダウンロードを超えた恋愛アプリゲームが原作。彼氏の浮気発覚をきっかけに婚活パーティーに参加したヒロインが、会場でさまざまなタイプのハイスペックな10人のオトコに出会う。しかし、その中の9人は嘘をついており、オトコたちの嘘を見抜きながらヒロインが真実の愛をつかんでいく物語が描かれる。

 この日は、堀田茜、岩永徹也、永山たかし、水石亜飛夢、永江二朗監督も登壇した。