落語家・桂文珍が9日、都内で芸歴50周年記念『桂文珍 国立劇場20日間独演会』の会見を行った。文珍らしく時事ネタを織り交ぜた会見となり、笑いを誘った。

【写真】笑顔で会見に出席した桂文珍

 文珍は1969年10月に3代目桂小文枝(5代目桂文枝)に入門。今年で芸歴50周年を迎えた。それを記念して来年2月28日から3月8日まで、同3月15日から24日までの20日間にわたって東京・国立劇場 大劇場で独演会を開催することとなった。歴史ある同劇場で落語家が20日間の公演を行うのは史上初。

 文珍は「ご承知かと思いますが、私が桂“コンプライアンス”文珍でございます」と、さっそくの小ボケで笑わせ「2020年はオリンピック・パラリンピックの年。おしゃべりのアスリートとして話芸を楽しんでいただきたい」と力を込めた。

 この日はプロジェクターを使用し、行う演目をスクリーンに映し出した。本来は同じ内容の豪華なセットが組まれる予定だったそう。「吉本としては珍しく大層なセットを作ってくれた。台風の影響で、こんなことになった。横浜からトラックが入って来られなかった。朝8時から出かけているけど、(午後3時スタートの会見まで)まだ着かない」と裏事情も語っていた。関係者によると会見終了直前にセットを乗せたトラックは到着。フォトセッションで使うはずだった日程などが記された幕も日の目を見ることなく終わってしまった。

 行う演目にも触れた。上方落語の復興に尽力し四天王と呼ばれた6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、3代目桂春團治、5代目桂文枝の4人が、あの世でジャニー喜多川さんに“亡者ニーズ”というグループを組まされてレッスンをさせられているという「スマホでイタコ」という新ネタも用意している。もちろん“闇営業”も取り入れている。「反社に近づくと警報が鳴るアプリが入っている」と笑わせた。

 質疑応答では「できるだけ早く終わらせたい。5時間半かからないように」といわゆる“闇営業”問題を巡り、5時間半もの異例のロング会見を行った岡本昭彦社長をイジっていた。ゲストとして笑福亭鶴瓶が登場する回は「らくだ」をネタに選ぶなど、それぞれに合わせたものになるそうで「鶴瓶には負けないぞ」とニヤリとしていた。

 公演では自作落語「ヘイ・マスター」、「老婆の休日」や、古典落語「愛宕山」「百年目」など珠玉のネタ全40演目披露するほか、兄弟子である6代桂文枝、落語協会会長の柳亭市馬、落語芸術協会会長の春風亭昇太や、笑福亭鶴瓶、三遊亭円楽など豪華なゲストも参加する。