人気グループ・Sexy Zoneの菊池風磨が8日、東京・グローブ座で行われた舞台『ハムレット』のフォトコール及び囲み取材に出席。同作で単独初主演を飾る菊池だが、演出を担当する森新太郎氏からは日々変わる厳しい演技指導があったそうで「ジュニアのときに、ジャニーさんに理不尽に怒られることがあって、ジャニーさんに近くて懐かしい感じでした。当時を思い出すことがありましたね」と、ジャニー喜多川さんとの思い出を重ねた。

【写真】安蘭けいら共演者と会見に臨んだ菊池風磨

 その場で演出を変更することもあるという森氏の方法に菊池は「慣れてきたので楽しくなってきました。良くなっているという実感もあるし、つらいだけじゃなくて楽しいと思える時間もできてきました」と自身の成長を実感。さらに「(演技の中で)気持ち良いなって感じる瞬間があるんですよ。『さっきのところ良かったよ!』と言われると、(森氏に)抱かれても良いかな?って思いますね」とニヤリ。

 これに対し森氏は「僕も抱いてもいいですけど」とまんざらでもない様子(?)だが、菊池との初対面の印象は「悪かった」と振り返る。理由を聞かれると「僕の舞台を観に来てくれた後にあいさつに来たんですけど、目がうつろでボソボソしていて、こいつは無理だと思っていた」とぶっちゃけたが、「でも、差し入れのいちごがすごくおいしかったんですよ」とオチをつけて、菊池の笑いを誘っていた。さらに、最初は“キラキラ”感が足りなかったそうだが、「やっとキラキラするようになった。きのうのゲネプロもキラキラしていたし、あとは本番どこまでキラキラできるかですね」と菊池の成長速度を絶賛していた。

 また、森氏から「フェンシングがあるんですけど、自分が左利きなのを言わずに右手で練習していたんですよ」と暴露される一幕も。菊池は「大変でしたよ」と笑い、劇中ではほかにも右手を使う場面があるようで「右手と左手で葛藤したハムレットです。どちらの手を使っているかも観てください」とアピールした。

 また、今回の舞台への出演に対しメンバーは「びっくりしてました」と明かし、「中島(健人)は3度聞きするくらい興奮していて。マリウス(葉)は宝塚さんのファンなので『安蘭(けい)さんと一緒なんだ!』って身震いしてました。(佐藤)勝利も、同じ時期にドラマがあるのでお互い頑張ろうと話をしました」と話した。さらに中島は観劇に来ることを明かし「刺激し合えればいいですね」と仲間の応援に菊池も意気込んでいた。

 最後に「ジャニーさんが観たらどう思うか」と聞かれると、菊池は「舞台が4時間もあるので観に来なかったんじゃないかと思います。『長いよ!』とか言って。今のほうが天国からゆっくりと観てくれるかもしれないですね」と言い、会見を締めくくった。

 この日は、南沢奈央、大谷亮介、安蘭けいも出席した。

 同舞台は、シェイクスピア悲劇の名作で、主要な登場人物は最終的に全員死んでしまう悲劇中の悲劇とも言われる作品。デンマーク王が急死し、その後を継いだ弟・クローディアス(大谷)は、王の死後すぐに、ハムレットの母・ガートルード(安蘭)と再婚する。あまりに早すぎる母の再婚に狼狽するハムレットは、クローディアスへの復讐を誓い、狂気を装い機会をうかがっていく。

 上演は、同劇場で10月6日まで(初日8日の公演は台風15号接近に伴い中止が決定)。その後、大阪・森ノ宮ピロティホールで、10月9日から15日まで上演される。