ロック歌手・矢沢永吉が6日、東京・SHIBUYA TSUTAYAをサプライズ訪問し、来店していたファンたちの「ヤザワ」コールに手を振って応えた。

【写真】ファンの「ヤザワ」コールに応える永ちゃん

 7年ぶりのオリジナルアルバム『いつか、その日が来る日まで...』(4日発売)をリリースしたばかり。午前11時、店頭ジャックおよび期間限定コラボカフェ「ダイアモンドムーン」が展開されているSHIBUYA TSUTAYAをサプライズで訪れた。

 自身の巨大な壁面ポスターを見て立ち止まり、両手を上げて「いいね! 最高だね」とご満悦。各フロアの企画展示を1階から7階まで見て回り、1階の展示ブースと7階の特設コラボカフェでは直筆サインを入れるサービスも。7階に居合わせたファンたちからの盛大な「ヤザワ」コールには手を振って応えた。

 新作は9/3・4付オリコンデイリーアルバムランキングで2日連続1位を獲得し、売上枚数は2日間で8.2万枚。前作『Last Song』(2012年)の初週売上5.5万枚、さらには13年発売のベストアルバム『ALL TIME BEST ALBUM』の初週売上8万枚を2日間で突破する好調ぶりで、一部のCDショップでは欠品状態となっているほど。「流通調整をはかり、今後解消されていく見込み」としている。