7人組ダンス&ボーカルグループ・DA PUMPのKENZOが、フランスのサンパルドウ・フェスティバルで開催されたストリートダンス大会『Lock is Not a Joke 2019』で優勝した。5回目の同大会で日本人初優勝。KENZOは世界大会&国際大会あわせて13冠を達成した。

【写真】世界大会優勝経験者6人による大会で優勝したKENZOがガッツポーズ

 日本時間1日に行われた同大会には世界大会の優勝経験者が招待され、KENZOを含むダンサー6人が参加。ルールは1つのフロアに集まったダンサーが1対1で勝負し、勝ち残った者が次の対戦相手と勝負していく「7 to Smoke」を採用。最も多くのポイントを勝ち取った者が勝者となる。ダンスバトルの世界で最も過酷なバトルシステムとされるこのルールで40分間の死闘を勝ち抜き、KENZOが優勝した。

 KENZOは「すばらしいダンサーの方々との40分間、ダンスが人種や国籍、宗教、性別、年齢、関係なく全てを一つにつないでくれました。背中を押してくれたDA PUMPのメンバーや支えてくれる皆さんに感謝しています。本当にうれしいです。ありがとうございました」と喜びをかみしめた。

 本大会にはKENZOのほか、Funky J(Juste Debout 2017優勝)、Loic(Juste Debout 2014、2007優勝)、Gemini(Lock is Not a Joke 2018、Juste Debout 2004優勝)、Luna(韓国世界大会優勝者)、ステップスタイルの第一人者・PETIT Robert(Jazz Rock世界大会優勝者)が参加。審査員は米ロックダンスの創始者ロッカーズのメンバー、Alpha Omega(64)が務めた。