俳優の田中圭、西野七瀬、横浜流星が、このほど、8日に最終回を迎える、日本テレビ系日曜ドラマ『あなたの番です-反撃編-』(毎週日曜 後10:30)をそろってクランクアップを迎えた。最後の撮影は、翔太(田中)と黒島(西野)と二階堂(横浜)が、ホテルの一室で会話するシーン。2月から始まった撮影もいよいよ終わりに近づき、スタジオ内にも緊張感がただよう中、スタッフから無事「OK」の声がかかった瞬間、3人から笑顔がこぼれた。

【動画】あなたの番です-反撃編- 最終回への『謎』まとめ

 全ての撮影を終えた3人に花束贈呈というタイミングで、なんと原田知世がサプライズで登場。原田が「翔太くん!」と花束を差し出すと、田中も「菜奈ちゃん!」と駆け寄ってハグし、いかにも『あな番』らしい光景に、大きな笑いと拍手が沸き起こった。

 田中は「1章が終わって菜奈ちゃんがいなくなった時もさみしかったですが、今2章を撮り終わって、『あな番』が終わるんだと思うとめちゃくちゃさみしいです」と心境を吐露。「振りかえってみて、いろんなシーンがありましたが気楽に演じられるシーンが1つもなく、どのシーンも気を抜けなくて。でもそれを維持して走り続けられたのは、同じように一緒に戦ってきたキャストの皆さんや、支えてくれたスタッフの皆さんのおかげだと思っています。本当にありがとうございました」と感謝した。

 西野は「これまで『どう見えてるかな』とか『セリフを間違えたらだめだな』とか、いろんなことを考えながら演じていたのですが、そういうものをすべて振り払って演じられたのが初めての経験で、それを大好きな「あなたの番です」でできたことがすごくうれしかったです」といい「これまでテレビで見ていた方々と一緒にお芝居ができるということが贅沢だなと思ったし、その中で学べたこともたくさんあり、とても濃密で素敵な時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました」と伝えた。

 横浜は「僕は反撃編からの参加だったので、本当にあっという間でした。最初は、既に出来上がった空気に入っていくことに不安があったのですが、皆さんが優しく温かく迎え入れてくれたので、すごく安心しました」と明かし「たくさんの役者さんが出られている作品で、多くのことを勉強させていただきましたし、自分の知らない感情も皆さんに引き出していただけて、本当に感謝しています」とコメントを寄せている。

 僕は反撃編からの参加だったので、本当にあっという間でした。
最初は、既に出来上がった空気に入っていくことに不安があったのですが、
皆さんが優しく温かく迎え入れてくれたので、すごく安心しました。
たくさんの役者さんが出られている作品で、多くのことを勉強させていただきましたし、

 8日午後10時30分からの最終話で、交換殺人ゲームの全貌が、ついに明らかになる。