人気グループ・King & Princeの平野紫耀が6日、都内で行われた映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』初日完成披露に登壇した。作品内容にちなみ「プライドが高すぎてできないこと」を聞かれた平野は「流行に乗ることができない」と回答。「自分のなかに、自分を貫きたい感じがある」「流行に乗ってる自分が恥ずかしくみえる」と理由を明かし、「今は流行を逆にわからないようにしてる。タピオカくらいしか知らない」とこだわりを明かした。

【写真】紙を見ながら司会者と笑い合う平野紫耀

 ファッションに関しても「実際、2年前に俳優のみなさまがよく履かれてたガウチョパンツとか、正直履きたかったです。2、3年前はめっちゃプロデューサー巻きもはやったじゃん。渋谷とか行ったらみんなプロデューサー巻きで、プロデューサーだらけ。なんかプライドが邪魔して、プロデューサーさんにできなかった…」と後悔する平野。一方で、タピオカだけは「小学、中学生のときから自分で作って飲んでた」と胸を張り、「ようやく原宿が俺に追いついてきた!」と名言を残して笑いを誘った。

 そんな平野に共演の佐野勇斗は「僕らからしたら、紫耀ちゃんは流行だよ」と褒め、橋本環奈も「乗らないで、自分で流行を作ってければいいんじゃない?」とアドバイス。平野は「すんごい、ロックンローラーみたい!」と声をはずませ、佐野から「僕の友達でも紫耀ちゃんのことが好きで髪型をまねしたいっていう子いるよ」と教えてもらうと。「いいね!」とうれしそうに笑顔を見せていた。

 一方、ヒロインを演じる橋本は「家でも気を抜くことができない」と回答。「おうちでの決まりを課しすぎてて、気楽に生活できない。例えば靴を一足も置かないとか、バスタオルを干して乾かしてからじゃないと洗濯しないとか、洗面台になにも置かないとか…」と詳細なルールを紹介して、平野も「細かいね」と驚いていた。

 このほか、浅川梨奈が参加した。