女優の宮澤エマ、お笑いコンビ・かまいたちの濱家隆一が、あす6日放送のフジテレビ系バラエティー番組『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。「今、東京が危ない」と題し、昨年から東京で暮らし始めた濱家が、現在の東京に迫るさまざまな危険について調査報告をする。

【番組カット】かまいたち濱家隆一の奮闘を見守る宮澤エマ

 最初に取り上げるのは、社会インフラの老朽化。東京のインフラは1964年の東京オリンピックをきっかけにして集中的に整備され、すでに50年以上が経過した。そのため、老朽化が深刻な問題となっている。濱家が首都高速の老朽化について解説を始めると、カメラは濱家ではなく、あるものを映し続ける…。

 続いて、都内マンションの価格暴落について濱家が解説。すると、またしても濱家の解説とは無関係のものがメーンで映る。我慢の限界に達した濱家は「そんなに数字見込めないですか? 僕」と不満をぶちまける。濱家自身が察する通り、まだ知名度の低い濱家では視聴率が取れないのではないかという懸念から、今回は視聴率が取れそうな映像を交えるという方針で進められていた。

 宮澤は収録を終えて「お芝居のような雰囲気で出演者の皆さんが役に入り込んでいらっしゃったので、緊張しました。ポーカーフェイスを保とうと頑張ったんですけど、中盤以降は耐えられなかったです。コメンテーターという立ち位置だったのに、収録が進むにつれて自分がどんなスタンスでいたらいいのか、わからなくなりました。最後は笑いの暴力に負けてしまいました(笑)。とても面白かったです」とコメント。

 濱家との共演にも触れ「濱家さんも最初は余裕があったと思うんですけど、だんだん汗をかいていくのがわかって、この番組は“ガチ”なんだなと実感しました(笑)。濱家さんがいろんなことを仕掛けられながら果敢に挑む姿を見ていると、応援したくなるんです。ただ、私の立場としてはできなかったので、心の中で応援していました」と回顧。「エンディングは、カオスでしたね(笑)。最後に壮大な物語のクライマックスが待っていた…という感じがしました。私も、見たことのないものを生で見られて、貴重な体験ができました」とアピールしている。