日本テレビは5日、同局内で行われた10月期番組改編会を実施。今週最終回を迎え、謎や犯人の考察が盛り上がりをみせる連続ドラマ『あなたの番です』(毎週日曜 後10:30)について編成部長・田中宏史氏は、劇中に散りばめられた仕掛けや話題性などが「いろんな手数をひねり出したことが生活者にどれくらい届くか読み切れていなかった」といい「小さなことも徐々に大きく積み上がったことが形なのかな」と予想外の反響に驚いた。

【動画】あなたの番です-反撃編- 最終回への『謎』まとめ

 異例の2クール連続放送として初回8.3%からスタートした同ドラマだが、8月25日の第18話では番組最高となる13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、終盤にかけて視聴率も上昇。徐々に注目度を挙げていくなかで『反撃編』と題した後半の成功に「チャレンジはチャレンジでしたし、今の支持していただく形を予想できたかというとできていなかった」とコメント。

 「現場含めスタッフのみんなが熱をもって話題性や仕掛けを日々ねじりだした。配信の施策やウェブ施策はが少しずつテレビをつけていなかった人たちにも横に縦に話題となった。僕ら自身もどういう最後なのか楽しみにしていますし、こういう期待をつくったのはスタッフの熱意」と、ねぎらった。

 なお、10月から同枠では賀来賢人主演による『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』が放送される。