11月15日に発売される大人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』(公式略称:ポケモン剣盾 Nintendo Switch用ソフト)の新情報が5日、YouTubeやニコニコ生放送で放送された「Nintendo Direct」内で発表された。4つのトピックスがあげられた。

【画像50枚】公開された新ポケモンやヘアアレンジ一覧

 1、前作から機能がある、プレイヤーの衣装が変更できる「きせかえ機能」が発表。シャツやジャケット、髪型やヘアアレンジなどが前作よりも充実されることが明かされ、色々な組み合わせを試して、オリジナルのスタイルで冒険を楽しむことができる。

 2、「ポケモンキャンプ」。舞台となるガラル地方に存在する広大なエリア・ワイルドエリアでは、通信機能を使うことでさまざまな遊びを他のプレイヤーと楽しむことができ、「ポケモンキャンプ」もそのひとつ。他のプレイヤーのキャンプに参加、もしくは自分のキャンプに他のプレイヤーを招待することで、最大4人で同時にポケモンたちとのふれあいや、料理を楽しめる。このキャンプではポケモン同士の交流を通じて絆を深めることができる。
 
 3、ガラル地方で流行しているのが「カレーライス」で、アイテムのきのみや作り方で味などが変わり、全部で100種類以上あることが発表。作ったカレーライスは「カレー図鑑」に登録されるため、ポケモンと一緒に食べながらプレイヤーはポケモン図鑑と同時にカレー図鑑の完成も目指していく。

 4、そして新しいポケモンとして「ポットデス」「ウッウ」のビジュアルが公開された。

 今作の冒険は、穏やかな田園風景や近代的な都市、雄大な草原や険しい雪山など、いろいろな表情を持つ広大なガラル地方が舞台。ここでは、人とポケモンが共に暮らしながら、協力して産業を発展させており、プレイヤーの主人公は、この地方に点在する「ジム」をめぐり憧れのチャンピオンを目指していく。

 各シリーズでおなじみである主人公が最初に選べる3匹のポケモンは草タイプがサルノリ、炎タイプがヒバニー、水タイプがメッソン。そのほか、伝説のポケモンであるザシアン、ザマゼンタなど含めた16匹のポケモンがすでに公開されており、現段階でポケモン図鑑に登録されている809匹に加わる形となる。

 新システムが次々と明かされており、そのひとつ『ダイマックス』は、ガラル地方の特定の場所でのみ発生する、ポケモンたちが巨大化する現象。すべてのポケモンに起こりうる現象で、ダイマックスしたポケモンたちは強大な力を手に入れることができる。

 また、『マックスレイドバトル』という、4人のトレーナーで協力して野生のダイマックスポケモンに挑む新しいシステムもあり、バトルに勝利すると、ポケモンをゲットするチャンスが訪れる。

 対応言語は日本語、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)。

■『ポケットモンスター』シリーズ一覧(発売年)※リメイク、マイナーチェンジ版は除く
1:ポケットモンスター 赤・緑(1996年)
2:ポケットモンスター 金・銀(1999年)
3:ポケットモンスター ルビー・サファイア(2002年)
4:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(2006年)
5:ポケットモンスターブラック・ホワイト(2010年)
6:ポケットモンスター X・Y(2013年)
7:ポケットモンスター サン・ムーン(2016年)
8:ポケットモンスター ソード・シールド(2019年11月15日発売)

(c)2019 Pokemon. (c)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.