人気アイドルグループ・乃木坂46の遠藤さくら(17)が、5日発売の『週刊ヤングジャンプ』40号(集英社)に登場。最新シングルで初選抜にしてセンターに大抜てきされた期待の4期生が、圧倒的な美少女感を存分に披露した。

【別カット】輝く美肌を披露した乃木坂46遠藤さくら

 昨年夏に開催された坂道合同オーディションで合格し11月に加入した遠藤は、5月に行われた横浜アリーナでの4期生単独ライブでも大半の楽曲のセンターを任された期待の星。4日発売の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」では初めてセンターに起用された。

 多数の先輩が誌面を飾ってきた『ヤンジャン』に初登場となった今回、センターグラビアで初々しさとフレッシュ感をたっぷり発揮。白で統一されたタンクトップ&ショートパンツのスタイルで、可憐な美肌も見せている。

 また、同号の巻末グラビアにはアイドルグループ・きゅい~ん’ズの西葉瑞希(さいば・みずき/20)が登場。“令和最初のロリ巨乳”と評価される逸材が、その片鱗を感じさせた。さらに、表紙は人気グループ・King & Princeの平野紫耀が飾っている。