お笑いコンビの霜降り明星(せいや、粗品)、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)、宮下草薙(草薙航基、宮下兼史鷹)、お笑いトリオの四千頭身(都築拓紀、後藤拓実、石橋遼大)が2日に放送されたAbemaTV『全国JKDKガチ投票 今本当に流行ってるもの選挙2019夏』に生出演。その後、取材に応じ、お笑い第7世代が野望を語った。

【写真】「事故ってる…」GENERATIONS、EXIT、霜降り明星らの“激盛れ”プリクラ

 「日本の流行を生み出す」と言われる全国のJK(女子高校生)、DK(男子高校生)を中心とした若者を対象にSNSで投票を募り、約23万票を超える投票結果から導き出した“今、本当に流行っているもの”を1位から100位までのランキング形式で発表する国民投票制のバラエティ特番。“お笑い第7世代”と呼ばれる世代の中心にいる気鋭の若手芸人4組がネタ番組では揃うこともあるが、トーク中心の番組で集結するのは初めてのことだった。

 3時間の生放送を終え、都築は「楽しかったですね」と笑顔を見せ、石橋も「知らない言葉もたくさんありました」と本当には流行している言葉に驚いていた。一方、かねちぃは第1位となったタピオカについて「やっぱりタピオカが、めちゃくちゃ入ってくる。漫才のワードでも常にタピオカって入れるようにしているので、ためになりましたね」としみじみと語ると、せいやから「EXITさんだけや」とツッコまれた。また、漫画など、なじみあるワードも。りんたろーは「あと『聖闘士星矢』ね」と世代に全く合わない漫画を挙げて笑わせた。

 同4組はお笑い第7世代とも呼ばれている。昨年末のラジオ番組で、せいやが提唱し、そこからお笑い界に大きなうねりを巻き起こしている。かねちぃは「我々がお笑いを引っ張っていくんだな、と感じましたね」と大風呂敷を広げると、都築は「第7世代を背負いまくってる」と苦笑い。せいやからも「第7世代の自負があるのが、お前だけやで」とボヤかれていた。

 “お笑い第7世代”というワードは世間にも少しずつ認知されている。そんな状況に粗品は「みんな、お笑い第7世代という言葉で得してると思いますよ」と話す。全員が「確かに」と同意すると都築は「あの言葉ができあがったから、こうして番組。せいやさんには感謝です」と平身低頭だった。初めて世代をけん引役の4組が集まった番組を終え、粗品は「第7世代のみんなで番組を盛り上げようとする。いつもの番組にはない楽しさがありましたね」と振り返った。

 ただ、“提唱者”のせいやは「僕が作ったというか、たまたま広がった。今、テレビに出てる世代がスゴイだけ。言葉は力はない」と謙遜。すると、かねちぃは「せいやさんは『この中から、お笑いBIG3はいつ出るんやろな』って言ってました」とテキトー発言。せいやは「言ってない! どんだけ俺はくくりたがりなんや、7とか3とか」とツッコんで、笑わせた。

 GENERATIONS含め『いちご100%』など世代にスマッシュヒットした漫画などの話題でも大盛り上がり。「平成生まれ」、「ゆとり世代」など定義は定まっていないが、ほぼ同い年のお笑い第7世代で、せいやは「景色を見ても、みんなフレッシュ」としながら「でも、りんたろーさんだけ、6.5世代…。明らかに若作りをしている」とチラリ。りんたろーは「うま~く、こそっと滑り込んだ(笑)。そっとしといてください」と苦笑い。

 年を問い詰められると、りんたろーは「85年生まれ」と正直に告白。せいやは「りんたろーさんは違うなぁ」とニヤリ。続けて「先輩なので、ご飯も誘いにくい」と話すと、りんたろーは「誘ってよ! 金は出すから!」と逆オファーをしていた。

 番組では第7世代の中でEXITだけが27位にランクイン。粗品は「よくぞ入ってくれた。入ってくれなかった顔が立たなかった」と感謝。そして「宮下は101位」と全員が総出でイジると、宮下は「宮下が入るか!」と自虐ツッコミをして笑わせた。

 また、企画でアプリを使ってGENERATIONSと顔交換も。草薙は「イジメです、あれは…。顔になってなかったです」と苦虫を噛み潰したが、せいやから「お前は得してる。損してるのは、向こうや!」と言われ、都築も「いい素材もらったのに」と笑っていた。

 今のままなら、第7世代の番組も始まりそうな勢い。粗品から「熱い話は宮下から」と無茶ぶりされた宮下は「このメンバーは『めちゃ×2イケてるッ!』とかのメンバーよりも…」と“お笑い革命児”目線でトーク。せいやが「具体名を出すな!」と大慌てとなると宮下は「今、言えって感じ出したでしょ?」と責任転嫁し、素知らぬ顔をしていた。そして、粗品が「先輩と共演した番組で学んだことを、お笑い第7世代の人との番組で還元できたら」とまとめていた。

 2019年も残り約4ヶ月。目標について問われると、せいやは「YouTubeもやっている。やっている芸人も多いので、そちらでも話題になれるように頑張りたい」と意気込み。一方の後藤は「四千頭身は今、マズい」と一点を見つめながら話すと「マズいので、僕以外が頑張ること…」と草薙のお株を奪うようなネガティブ発言。かねちぃが「後藤が悪い可能性がある!」と“注意”されると後藤は「3人で頑張る」と軌道修正し、笑わせた。

 4組の中で唯一、YouTubeチャンネルを持っていないため、宮下は「YouTubeをやってみたい。やりないなとは思っているので、あわよくば今年中のチャンネル開設を」と予告したが、草薙は「何やるの?」と否定的。宮下は「俺が遊戯王を開封するよ!」と宣言すると、草薙以外の芸人は「見たい(笑)」と声を揃えた。最後にかねちぃは「いろいろさらけ出すコンビに」と意欲を語り、りんたろーも「ここにいる仲間と、いろいろ乗り越えていけたら」と“オトナのコメント”をしていた。

 プライベートでも仲のいいお笑い第7世代。これからも勢いは止まりそうにない。