人気デュオ・KinKi Kidsが4日、東京ドームで開催されたジャニー喜多川社長(享年87)を偲ぶ『ジャニー喜多川 お別れの会』関係者の部に参列した。報道陣の取材に応じた堂本光一は「とても安らかな顔をしていましたし、ジャニーさんの子どもである私たちも穏やかに。そういった時間を最後にジャニーさんが作ってくれた」とほほ笑みながら明かした。

【写真】紅白金の垂れ幕や映像などで彩られたジャニーさんのステージ

 所属タレントをはじめ、関係者、ファン、報道陣など大勢が東京ドームに駆けつけた。光一は「この光景を見たら『やめてよ~』と言ってると思います。でも僕らもですし、ファンの方も『ありがとう』を言うことができればいいなと言う日ですね」と笑うと、堂本剛も「自分のためにこんなに大勢の人が時間を割いてくれてる。それを心苦しく思ってるんじゃないかな」と気持ちを代弁した。

 その後もジャニーさんとの思い出話に花を咲かせた。その中で「一つ、謝らないといけないことがある…」と切り出した剛は「ジャニーさんの物まねをめちゃくちゃやりすぎたことですね。一応、公認なんですが、イジらずにはいられなかったんです」とポツリ。光一も「献花台にあった帽子と服を着てこようかと考えたけど、それは流石に怒られると思ってやめました」と話し、場を和ませていた。

 続けて剛は「(ジャニーさんは)少年のようなキレイな眼差しだった。その美しい眼差しが、苦しい時も、悲しい時も、つらい時も大きく支えてくれた。地球上にある言葉と思いを探してみても感謝の気持ちが上手に伝えられない」と最大限の感謝を示しながら「シンプルに『ありがとう、愛してるよ』と伝えました」と終始、優しい口調で思いを語っていた。

 ジャニーさんはくも膜下出血のため、7月9日に逝去。同所は1989年1月の光GENJIに始まり、きのう3日に行われた関ジャニ∞まで事務所としてコンサート・イベントを計366回行った、ジャニーさんにとっての思い出の地。同所での芸能関係者のお別れ会は史上初となる。午後2時からは『~一般の部~』として案内状不要で、希望者全員が参列できる会となっている。なお『一般の部』への所属タレントの参列予定はされていない。