アイドルグループ・AKB48チーム8の倉野尾成美、小栗有以、坂口渚沙、太田奈緒、佐藤朱、佐藤七海、濵咲友菜、清水麻璃亜が4日、東京・品川プリンスホテルのクラブeXでミュージカル『Bee School』の初日を迎え、公演前に囲み取材を行った。

【ゲネプロ写真】キュートな衣装で手を振る小栗有以

 昆虫の世界をかわいく描いた本作の主演の倉野尾は「なかなか短い稽古期間で大変な中で、みんなでいろいろ考えた。いいものを作ろうという思いでやってきた。『かわいい』以外の心を刺激するような感情を持ってもらえたら」と意気込み。坂口は「愛されるキャラになれるように」と意欲を見せ、濱も「成長過程の表現が難しかったんですけど、稽古をして歩き方や話し方を変えてみた。そこを見ていただけたら」とアピールした。

 芝居初挑戦の佐藤朱は「不安もあったけど、8メンバーみんなと挑戦できるのがうれしい。不安も消えて勇気を持って臨めました」と話し、ギャルという設定のため「ギャルの動画を見た」と役作りを語った。先生役の清水は「唯一のオトナ。感情移入してもらいやすいのかな」と力を込めた。

 小栗は「弱虫な役。どう演じようか悩んだ」と明かす。演出家にも相談し、もらったアドバイスは日本テレビ系ドラマ『あなたの番です』で、木村多江演じる榎本早苗のようなイメージというものだった。「見た目はいい人そうなのに実は裏の顔がある。私もちょうど見ているので想像しやすかった。早苗さんをいっぱい研究して頑張りたい!」と笑顔を見せた。

 太田と佐藤七も『あな番』のキャラで役柄を解説。「一見、食いついていく役なんですけど、内心ですごく考えている。『あな番』の記憶喪失になった袴田吉彦さんの役を参考にさせてもらった。ウザいけど憎めないヤツと思っていただけたら」とアピール。佐藤七も「私はクモ役で、ひねくれ者。ちょっと変わっているので(奈緒演じる)尾野(幹葉)ちゃん!」とキラキラした表情で語った。

 世間と同じようにチーム8でも『あな番』は大ブームだそう。8日に最終回を迎えるため、清水は「みんなで最終回を見るのが楽しみ」と心待ちにしていた。同ミュージカルは13日まで。