新潮社は4日、人気アイドルグループ・日向坂46の1st写真集『立ち漕ぎ』(8月28日発売)の2万部重版が決定したことを発表。これで同写真集の発行部数は14万部を突破した。

【撮り下ろしカット】キュートな笑顔の日向坂46・丹生明里&小坂菜緒&河田陽菜

 本作は坂道シリーズの元気印といわれる彼女たちが、全力で青春した4泊5日の沖縄旅行を撮り下ろし。修学旅行感あふれる“ハッピーオーラ”に包まれた写真はもちろん、沖縄の青空の下でのプール撮影や、初のランジェリー撮影にも挑戦するなど、彼女たちが持つ“グループとしての力”が176ページの大ボリュームに存分に発揮された。

 担当編集者は「初版12万部でスタートした『立ち漕ぎ』ですが、予想を大きく超える反響により、発売1週間で重版が決まりました。予約の伸びだけでなく、発売後に中身を見ていただいた方々の口コミの広がりで売れ行きが大きく伸びたことを何よりうれしく思っております」と喜び「売り切れ状態の書店様には大変申し訳ありませんが、写真集が届くまでもう少々お待ちくださいませ」と呼びかけている。

 書店員たちも「発売後も売れ行きが止まらない状況が続いています。系列店舗でも完売の声があがり始めている状況なので重版決定はとても有難いです」と伝え「公式ツイッターでの修学旅行企画、休業中の影山さんのサプライズ登場あたりから予約がぐんと伸び始め、発売後も勢いが止まらない状況でした」とコメントを寄せている。

 きのう3日には、HARD OFF ECOスタジアム新潟でおこなわれた巨人-中日戦で始球式をおこなったキャプテンの佐々木久美と高本彩花が『立ち漕ぎ』公式ツイッターで重版の報告をしている。