俳優の東山紀之が主演するテレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜 後9:00)。ドラマの中では、なかなか揃わない7人が全員大集合。超凶悪犯罪や未解決事件を前に、厳しい表情を見せることの多い7人だが、東山を中心に「イェーイ♪」と言わんばかりのポーズで記念撮影をしたオフショットが公開された。

【写真】『刑事7人』第8話(9月4日放送)は拓海(白洲迅)回!?

 北大路欣也演じる東都大学の堂本教授は、職場がほかのメンバーがいる警視庁とは離れているため、そもそも7人全員が揃うこと自体が珍しいのだが、それに加えて、みんなのこの笑顔。さらに、 いつもはビシッとスーツで決めた東山ら刑事チームと手術着や白衣姿の北大路が、とてもカジュアルな私服姿で集合 しているのだ。全員集合、満面の笑顔、私服姿…と、三拍子揃った激レアオフショットとなっている 。

 きょう4日放送の第8話では、「上半身裸、トランクス一枚に靴下と革靴だけを身に着けた男の遺体が見つかり、専従捜査班が臨場する。野々村拓海(白洲迅)が、ぼう然と立ち尽くしている老婆に声を掛けたところ、菅原充子(赤座美代子)というその女性は、被害者が“工藤”という交番の巡査だと言う。

 情報をつかんだと張り切る拓海だが、海老沢芳樹(田辺誠一)から被害者の身元が判明したと連絡が…。指紋から特定された被害者は一戸琢也(金井勇太)という元警察官。充子のいう“工藤”ではない…と、肩を落とす拓海だが、現場にいた制服警官から充子が認知症を患っていると聞かされる。

 気を取り直して充子を自宅まで送った拓海は、手料理をごちそうになることに。すると、おいしそうに食事する拓海を見た充子が、ふと何かを思い出したかのように、つい先日家に来た“工藤”の右頬には傷があったと言い始める。

 後に、東都大学の法医学教授・堂本俊太郎(北大路)から、被害者の右頬に外傷があるという解剖所見を聞いた拓海は、一戸と“工藤”が同一人物だと確信する。

 一方、天樹悠(東山)ら専従捜査班のメンバーが捜査を進めるうちに、一戸が定職に就くことができずかなり切り詰めた生活を強いられていたこと、借金を抱えていたこと、それにも関わらず高齢者向けのボランティアに参加しようとしていたことがわかる。そんな中、殺害現場近くの公園のゴミ箱から一戸の血痕が付着したニセモノの警察官の制服と制帽が見つかる。

 警察官の制服を着た一戸は“工藤”と名乗り、充子の家に出入りしていたのか…? 天樹が拓海に再度充子から話を聞いてくるよう指示した矢先、事態は急転。元宮洋祐(佐野弘樹)というチンピラとつるんでいたことが判明する。一戸の目的はなんだったのか…天樹らが捜査を進める中、新たな事件が発生する。