数々のスターを生み出し7月9日に亡くなったジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川さん(享年87)のお別れの会が4日、東京ドームで行われた。午前11時からの「関係者の部」は所属タレント、元所属タレントらジャニーさんの“子供たち”と関係者が参列。最期のお別れと花をたむけた。

【写真】近藤真彦、KinKi Kids、嵐らが参列したジャニーさんお別れ会

 ステージ映像は青空をバックに、雲と虹の間から後光がジャニーさんのパネルを照らした。

 午前11時1分、所属グループの東京ドーム公演映像がスクリーンに流れたあと、ジャニーさんの誕生日会の映像が映し出され「きょうは一番楽しい。ありがとう」とあいさつする生前の映像が公開。中居正広らタレントが笑顔で「ハッピーバースデー」を歌って祝福していた。

 その後、東山紀之のナレーションとともに、所属タレントと一緒に映った写真で振り返った。

     ◇

ジャニー喜多川 享年87歳

最も多くのNo.1アーティストを生み出した男。
ジャニーさん。そこに集うタレント、スタッフ、みんなに愛され続けたジャニーさん。

その愛の原点もまた、ジャニーさんでした。

数々のスターを生み出し、たくさんのお客さんを笑顔にする。
日本のエンターテイメントにおける一つの時代を築いてきました。

「You、やっちゃいなよ」

その一言で、人生が一瞬で変わる。
そんな経験をしたジャニーさんの子どもたちが、お客さんを笑顔にする。

そのお客さんの喜ぶ顔を力に変えて、ジャニーさんはまた新たなスターを生み出し、昭和、平成、令和へと時代をつないできた。

人のために生きている人生。
ジャニーさん、あなた幸せだったでしょうか?

僕たちは理想の子どもたちでいられたでしょうか?
そんな言葉を投げかけて、ジャニーさんと話がしてみたいです。

その生涯を通じ、ジャニーズに命をかけた男の物語。
いまその第一幕が幕を下ろしました。

これからはジャニーさんの思いを胸に、ジャニーズ事務所のタレント、スタッフ一丸となって、ジャニーさんが思い描いた世界の続きを第二幕として、お見せしていきたいと思います。

     ◇

 所属タレントから「ジャニーさん、ありがとう」のメッセージ映像が流され、最後にもう一度「ジャニーさん本当にありがとう」と映像メッセージが流れると銀色のテープが宙を舞い、タレントを代表して近藤真彦(55)が感謝の言葉を述べた。

 午前11時18分、追悼コメントを終えた近藤は、目の前に座っていた女優・黒柳徹子(86)の手を取りエスコート。黒柳は笑顔で「ジャニーさん」と手を振って花をたむけ、そのあとは所属タレント、関係者の献花の列が続いた。