アイドルグループ・乃木坂46を1日の東京・明治神宮野球場公演をもって卒業した初代キャプテンの桜井玲香(25)が3日、グループの公式ブログを更新し、「皆様、私 桜井玲香 乃木坂46を卒業させて頂きました!!」と改めて卒業報告をした。

【ライブ写真】白石麻衣、生田絵梨花も涙した桜井玲香卒業セレモニー

 桜井はラストライブを振り返り、「あー!こんなに純粋に楽しめたライブ実は久々でした!いつも何かしら考えちゃって...でも、昨日(※一昨日)のライブ前はご飯が全然食べれなくて...。やっぱり無意識のうちに緊張していたのかなぁ」と胸中を率直に明かした。

 結成当時は「アイドル性が全然ない」と言われていたといい、「自分が8年間もアイドルを続けるとは、自分自身が今一番驚いています!乃木坂46には、私の夢、青春、想い出が詰まり過ぎていて、全然上手く言葉に出来ないです」ともつづり、「ここまで続けられたのは、皆さんが私をアイドルとして作り上げてくれたから」とファンに感謝した。

 11月にはミュージカルの聖地・帝国劇場での舞台も決まっており、今後は女優として芸能活動を続ける桜井は「これから私の目の前に続く道は、かなり険しい山道だと思います。今まで側にいた沢山の味方が居ないというのは、少々不安ですが...。立派な人間になる為、また初心に戻り、0からのスタートを切ろうと思います」と決意を新たに。「めちゃくちゃ辛くてどうしようも無い時は、チラッと皆さんに助けて~!の目線を送ります。笑」と茶目っ気たっぷりにメッセージを送った。

 そして「必ず大きくなります! 豊かで魅力的な人間になります! だから、見守っててください!」と宣言しつつ、「あ...時々、思い出してくれるだけでもいいか。笑」と、秋元康総合プロデューサーが桜井のために書き下ろした卒業ソングで、自身最初で最後のソロ曲「時々 思い出してください」になぞらえつつ、「最高に楽しい8年間でした! 毎日夢をみているようでした! 新たな夢を追って今日からまた頑張ります!」と宣言した。

 ラストライブのステージ上でメンバーとともに撮影した“卒業写真”を掲載し、「良い写真。宝物」としみじみ。ライブ序盤には球場に駆けつけたOGの姿も発見できたといい、“相方”の若月佑美の花束サプライズにも感謝し「やっぱり私、相当な幸せ者です…」と喜びをかみしめると、最後は「元気でね! またいつの日か! ばいばーい!」とブログを結んだ。

 桜井のブログは今月30日午前中で閉鎖される。