俳優・綾野剛主演で松田龍平とタッグを組む映画『影裏』(2020年2月14日公開)の追加キャストとして、中村倫也、安田顕、國村隼らの出演が発表された。中村は綾野演じる今野を深く理解する昔の友人・副島和哉役を担当し「非常に難易度の高い役でした。人間関係の生暖かい歪みが垣間見えるように慎重に演じました。伸び伸びとした切なさを、作品の中に残せていたらうれしいです」と話している。

【動画】中村倫也、共演の犬にメロメロ「かわいい!」

 原作は、沼田真佑氏による第157回芥川賞受賞作の同名の小説。メガホンを取るのは、映画『るろうに剣心』シリーズや、『3月のライオン』、NHK大河ドラマ『龍馬伝』などで知られる大友啓史監督。

 物語は、赴任した岩手盛岡での生活に戸惑う今野(綾野)を孤独から救ってくれた友人・日浅(松田)が突然姿を消して動き始める。足跡をたどる今野だが、それは日浅のもう一つの影の顔、裏の顔を浮かび上がらせる。共に日々をわかちあったはずの日浅の本当の姿を、今野が探し出していく。

 発表された追加キャストでは、中村のほか、國村が日浅の父・日浅征吾役。疎遠になった弟に複雑な感情を抱く日浅の兄・日浅馨に安田、今野と日浅の同僚で、自らも日浅を探し求める西山を筒井真理子、今野と同じアパートに住む口うるさい隣人・鈴村早苗を永島暎子、今野の年下の友人・清人を平埜生成が演じる。

 國村は「大友監督とご一緒するのは初めてなのですが、登場人物のそれぞれの心象風景を静かに描きながら、そこにはダイナミックな背景がかくされている、違う側面のものがひょいと立ち現れる面白い世界観だと感じました」と大友組参加の感想を語る。筒井は「理不尽なことが起きると社会は無意識のうちに“見えにくい人たち”について触れなくなる。そこに切り込んだ物語に命を吹き込んだ大友監督をリスペクトすると共に、今野と日浅をリアルに生きた綾野剛さんと松田龍平さんをぜひ劇場に観に来てください」とコメントしている。

 安田は「岩手に向かう道中、原作の『影裏』を読んでましたら、自分が演じる役が出てこなくて、ちょっとだけびっくりした思い出があります。大友監督の映画として登場の場所を作っていただき、心より感謝申し上げます」と同作への出演に喜び。平埜は「大友啓史監督に宝物をいただきました。綾野剛さん、松田龍平さんとともに過ごした時間は大きな財産になりました」と話している。