漫画『To LOVEる-とらぶる-』などで知られる矢吹健太朗氏の画業20周年を記念したサイン会が、12月1日に都内で開催されることが決定した。4日発売の『ダーリン・イン・ザ・フランキス』最新第6巻に、『矢吹健太朗画業20周年記念サイン会』の応募券がついている。当選者は150人で、電子版には応募券はついていない。

【画像】連載中の『ジャンプ+』ではBLEACH、NARUTOら無料公開中

 『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は、人類が荒廃した大地に移動要塞都市「プランテーション」を建設し、そこで暮らすコドモたちが「フランクス」と呼ばれるロボットで、謎に包まれた巨大生命体「叫竜」と戦う物語。2018年にテレビアニメが放送された。

 サイン会への応募は、コミックス6巻の帯についている応募券を郵便はがきに貼り、はがきに郵便番号、住所、氏名のほか、好きな矢吹作品のキャラを明記し、折り返しについている応募券を貼って応募。締め切りは今月30日(当日消印有効)。