アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏が3日、東京・明治座で舞台『サザエさん』の初日公演を終え、取材会に参加した。

【全身ショット】ひざ上ワンピを再現!ワカメ役の秋元真夏

 フジテレビ系の国民的アニメ『サザエさん』が今年10月に50周年を迎えるにあたり、舞台化が決まった。アニメと同じく3本立てで「10年後のサザエさん」「タマがいなくなった」「磯野家の団欒」となっている。

 サザエ役に藤原紀香、マスオ役に葛山信吾、フネ役に高橋恵子、波平役に松平健、カツオ役に荒牧慶彦、ワカメ役(Wキャスト)に秋元と齊藤京子(日向坂46)、タラオ役に大平峻也、タマ役に酒井敏也という豪華な面々が出演している。物語は10年後が舞台。マスオは出世し、波平は定年退職してヒマを持て余す。カツオは大学に、ワカメは専門学校に通い、タラオも、もう中学生となっている。

 同作が個人として初舞台となる秋元は「初舞台が、まさか『サザエさん』。すごくびっくりなこと」と驚きつつ「みんなが知ってるワカメちゃんが大きくなったら、どうなるのか、いっぱい悩んだり、考えたりした」と役作りを語った。共演陣からのアドバイスも受け「一からわからなかったので、そういうところを教えて、助けていただいた」と感謝していた。

 また、被り物でタマになりきった酒井は「国民的飼い猫ですから」と、こちらも入念な役作りをしたそう。タマ役のオファーの感想を「おぉ」と明かすと「過去に犬もハトもやっていますので」と動じることなく、あっけらかんと語っていた。

 舞台『サザエさん』は、きょう3日から17日まで同所で、28日~10月13日まで福岡・博多座で上演される。