お笑いトリオ・ロバート、お笑いコンビ・トレンディエンジェルが3日、都内で『アポロ アマチュアナイト ジャパン 2019』の開催発表会見に参加した。

【写真】これで世界進出?! ハゲラップを披露する斎藤司

 今年、創立85周年を迎えるアメリカ・ニューヨークにあるエンターテインメントの殿堂「アポロシアター」。『アマチュアナイト』は同劇場で毎週水曜日に行われるイベントで、歌手やダンサーのプロへの登竜門となっている。1934年以来、エラ・フィッツジェラルド、スティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソンなど世界的スターを多数、排出している。

 日本版は動画審査を経て、東京予選、大阪予選の通過者は11月13日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで決勝ラウンド『TOP DOG』が行われる。賞金は100万円、そしてアポロシアターで行われる『スーパー・トップ・ドッグ』にアジア人として初のゲスト出演する。

 渡辺直美、ゆりやんレトリィバァといった成功例もあるが、吉本興業で海外進出と言えば、2017年からニューヨークに活動拠点を移している、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二がおなじみ。ことあるごとに海外進出の願望を語っているトレエンの斎藤司は、この日も「僕らは、みんな綾部さんの背中を追っている。早く追いつきたい」と発言。秋山竜次が「アイツは何もしてないんだよ。勝手に、金ためて住め!」とツッコミを入れていた。

 発表会では『アポロシアター』で実際にパフォーマンスしたTAKAHIRO、當山みれいも登場。ダンスや歌を披露し、大きな歓声を浴びた。斎藤は「まだまだ僕も挑戦していきたい。チャンスがあれば直で行きたい」と事務所を通さない海外進出も視野に。「Be AYABEをキーワードに」と応募を呼びかけていた