ジャニーズJr.の人気グループ・Snow Manの岩本照、ラウール、渡辺翔太、目黒蓮が主演を務める日本テレビ・シンドラ『簡単なお仕事です。に応募してみた』(毎週月曜 深24:59)の9日放送(第8話)に、ゴムパッチンのギャグで人気の「ゆーとぴあ」のホープこと城後光義が、謎のおじいさん・山浦司馬雄役(やまうらしばお/シバジイ)で出演する。

■Snow Manのプロフィール

 同ドラマは“ヤバ怖”をコンセプトに『不思議・ホラー・サスペンス・パニック・ハプニング』など様々なジャンルの「怖い」を盛り込みつつ、ちょっと笑えるコメディーでもある新感覚の不可思議な10の物語を一話完結で描いていく。

 第8話は、一人暮らしのおじいさんの誕生日を「祝うだけの簡単なお仕事」。撮影も後半戦、実際におじいさんが一人暮らしをしていたという、どこか懐かしさを感じるドラマの世界観にもぴったりな古い民家で撮影が行われた。一人暮らしのおじいさん“シバジイ”を演じる城後は「よろしく~ねっ!」の明るい持ちネタと共にクランクイン。

 Snow Manと城後はこの日が初対面だったが、Snow Manに負けないくらい元気な城後の登場で4人は一気に距離を縮めていき会話も弾み、現場にも笑い声が響いた。いつもの、薄暗くて怪しげな現場とは異なり、ケーキも登場して和やかな雰囲気が漂う中、撮影では、城後が棺桶の中に入り、4人がそれを囲むというシーンも。

 よく考えるとなかなか異様な光景なのだが、棺桶に入るという初体験に城後はテンションが急上昇。「これは寿命が延びそうだ~」と楽しそう。リハーサルで初めてその光景を目にしたSnow Manも、城後のコミカルな芝居に笑いを堪えられない様子だった。

 本番の撮影では城後のアドリブに岩本、ラウール、渡辺、目黒も生きた芝居で応えていく。短い共演時間ではあったものの、終始笑顔が絶えない、濃密で、どこかあたたかい時間が流れいつしか本物のおじいさんと孫たちのようで…。昼食休憩では「撮影がきょうでよかったね!だって、きょうは豪華なハンバーグ弁当だよ~!(笑)」と城後が声をかけ、5人笑顔でハンバーグ弁当を食べる休憩中の一コマもあった。

 撮影の合間には、芸能界の先輩、そして人生の大先輩である城後と真剣に話をする4人の姿もあり、出会いの記念にと、ホープ(ゆーとぴあ)の往年のギャグ、「よろしく~ねっ!」で記念撮影。細かな腕や足の角度などポーズもきちんと教えてもらい、素の笑顔を見せたSnow Manだった。

■岩本照・ラウール・渡辺翔太・目黒蓮のコメント

――城後光義さん/ホープ(ゆーとぴあ)との共演は?

【目黒】ホープ師匠とは、仲良くなるまでの時間がすごく短かったです。とても気さくに話しかけてくださったので、一気に距離を縮めることができました。
【ラウール】そう! とてもフレンドリーに交流させていただいて、お芝居もやりやすかったです。
【渡辺】ホープ師匠も結構素に近い感じで、僕らもアドリブなのか? 素で会話しているのか?分からなくなるくらいナチュラルな人だったので、とても楽しくお芝居ができました。
【岩本】お芝居の話もプライベートな話も、いろいろさせていただいて。懐が大きくて、短い撮影期間でも仲が深まりました。人生の先輩でもあり、芸能界の先輩でもある方と、こうして共演できてうれしかったです。

――第8話「祝うだけの簡単なお仕事です。」で印象に残っているシーンは?

【ラウール】ドラマの最後のシーンでシバジイの家から帰るときの、シバジイの手の振り方がかわいくて。マジでキュートでした。(あんなふうに手を振ってもらったら)僕は帰りたくないって思います。
【目黒】僕は、みんなでケーキを食べるシーンがあるんですけど、自分なりにバクバク食べて、鼻にクリームつけたりして…ちょっとメイクを落とすときは大変でしたけど、無邪気に演じることができて楽しかったです。
【渡辺】今回のラストシーンは、これまでとは全く違うんです。お仕事の結果にも、ぜひ注目して欲しいです。あと、僕たちのあだ名とか関係性もこれまで見せてきたものとは違って。4人の人柄が出たのかな?(笑)
【岩本】そうだね。今回おじいさんの家に来て、たまたま「お祝い」をすることになったんだけど、これが偶然の出会いでありながら、僕たちのあだ名とか関係性、あらゆるポイントになる回なので大事に演じさせていただきました。

――8話「祝うだけの簡単なお仕事です。」の見どころは?

【目黒】8話って、今までの話とは違って、「よく考えると…」っていう怖さだと思うんです。突然何か事件が起こるわけではないけれど、じわじわ違和感が襲ってくるというか。
【渡辺】確かに、ド直球じゃないけど、想いが伝わるストーリーになっていると思います。
【ラウール】実は、僕たちも、違和感を持ちながら演じていたので、その違和感が観ている方にも伝わればと思います。
【岩本】これまではゲストや出来事に目がいきがちですが、今回は主人公の4人にも自然と目がいくと思います。だからこそ、「あれ? 8話の“ヤバ怖”なところってどこだった?」と不思議に思うだろうし、改めて考えてみたときに、やっと意味がわかるという面白い内容になっていると思います。ぜひ、楽しみにしていてください。