DeNAが2日、先月29日にAndroid/iOSで配信がスタートした人気ゲーム『ポケットモンスター』のスマートフォン向け新作アプリゲーム『ポケモンマスターズ』(公式略称:ポケマス)が、配信4日で全世界累計1000万ダウンロードを突破したことを発表した。

【アニメ動画】『ポケマス』に登場するレッドやカスミなど人気トレーナー

 同ゲームは、プレイヤーが、パシオと呼ばれる人工島を舞台に、歴代のポケモントレーナーたちと出会い、仲間にして自分だけのドリームチームを結成。パシオで開かれるポケモン大会「ワールドポケモンマスターズ」のチャンピオンを目指し冒険していくもの。

 ポケモントレーナーは相棒のポケモン1匹を連れており、トレーナーとポケモンのコンビを“バディーズ”として、主人公は歴代のポケモンゲームに登場したトレーナーのバディーズと出会いチームを組み、「ワールドポケモンマスターズ」に出場するため、バッジを獲得しながら冒険。ポケモンバトルは3対3のチームによるリアルタイムバトルで、時間経過で増えるわざゲージを消費してテンポよくわざを出していくのが勝利のカギとなる。

 開発・運営・配信をDeNAが担当し、対応言語は日本語及び、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、中国語(繁体字)。配信直後から「ポケマス」「ポケモンマスターズ」などのワードがツイッター上でトレンド入りするなど話題となっていた。

 同作は、ポケモンが5月下旬に都内で開催した事業戦略発表会で、DeNAとの共同プロジェクトとして発表。DeNAがポケモンのIP(知的財産)を活用したスマートフォン向けゲームアプリとなる。