ダンス&ボーカルグループ・DA PUMPのYORI(39)が、「胸椎(きょうつい)類骨骨腫」との診断を受け、入院と手術を行ったことを2日、公式サイトを通じて発表した。YORIも「今回暫くの間お休みを頂き治療に専念することとさせて頂きました」とメッセージし「1日でも早く復帰できるように頑張りたいと思います」と誓った。

【写真】「胸椎類骨骨腫」と診断されたDA PUMPのYORI

 サイトでは「先日、メンバーのYORIが体調不良を訴え、医師による診断の結果、『胸椎類骨骨腫』との診断を受け、入院をして手術を行いました」と報告。医師との相談の結果、「9月~10月に予定されているイベントへのYORIの出演は困難との判断にいたりました。つきましては、9月~10月に予定されているDA PUMP出演イベントにはYORIを除く、6名での出演となります」と伝えた。

 現状について「一日も早い回復に向けリハビリに励んでおります」といい「なお、現在10月19日よりスタートいたします『LIVE DA PUMP TOUR 2019』に出演できるよう調整を行なっている段階となります。イベントを楽しみになさっていた皆さま、関係者の皆さまには、大変なご迷惑とご心配をおかけすること、心よりお詫び申し上げます」と記した。

YORIコメント全文

いつも応援して頂き本当にありがとうございます。
以前から背中に痛みがあり、思うようなパフォーマンスができないまま今日に至っていたのですが、今回暫くの間お休みを頂き治療に専念することとさせて頂きました。ファンの皆様、関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません。メンバーのみんなにも沢山迷惑をかけてしまう事は本当に心苦しいのですが、今まで以上に皆様に喜んでいただけるようなパフォーマンスをできるよう、1日でも早く復帰できるように頑張りたいと思います。
突然の発表で申し訳ありません。どうぞよろしくお願い致します。
                           
YORI