演歌歌手の長山洋子(51)が、初期の乳がんと診断され、手術を受けて無事に終了したことを2日、自身のブログと所属事務所を通じて報告した。

【写真】マーク・スミス氏と入籍後初公の場で笑顔の長山洋子

 長山は「私、長山洋子は今夏、乳がんと診断され、手術を受けて無事に終了致しました。初期段階ではありましたが、早急な対処が望ましいと言う医師からの説明を受けて手術に踏み切り、現在術後の経過をみているところです」と報告。

 「ファンの皆さま、そして関係者の皆さま、ご迷惑、ご心配をおかけして誠に申し訳ございません」と伝え「コンサートを楽しみにして下さっていた皆さま、突然のご報告となってしまい、本当にごめんなさい」と記した。

 続けて「少しのお休みを頂いて、またステージに立った時には、今まで以上に元気に、力強く、津軽三味線を“ベベベェーン”と、弾かせていただきます」とつづり「事務所の社長はじめ、スタッフの皆さま、病院に付き添ってくれた友人、家族、そして細川たかしさん、香西かおりさん、藤あや子さん、今回の私の事で全面的にサポート下さったすべての方々へ心から感謝申し上げます」とメッセージした。