ロックシンガー・矢沢永吉が、9月7日・14日放送のフジテレビ系音楽番組『ミュージックフェア』(毎週土曜 後6:00)に2週連続で出演することが決定した。矢沢は2週目放送日の14日に70歳の誕生日を迎える。

【場面写真】仲間由紀恵、軽部アナも爆笑する名言続出トーク

 番組では、1973年当時のキャロル時代の数少ない貴重なテレビ出演映像から、ソロになってから何度も出演した『ミュージックフェア』の過去出演映像を掘り起こし、秘蔵映像満載で放送する。

 7日放送回は2010年6月に発売されたアルバムから矢沢らしいロックンロール全開の楽曲「サイコーなRock You!」で幕開け。司会の仲間由紀恵、軽部真一アナウンサーとのトークでは、キャロル時代に初めてテレビ出演したフジテレビの番組『リブ・ヤング!』(1974年4月~75年1月)出演に至るまでのいきさつや、プロの歌い手として生きていくことになった原点について熱く語る。

 『リブ・ヤング!』初出演時の映像は残念ながら見ることはできないものの、キャロルとして2度目の出演を果たした73年10月21日放送回で代表曲「ファンキー・モンキー・ベイビー」を歌う若かりし日の矢沢の姿が残されていた。久しぶりに見る自身の映像に、「これからやるぞ!という感じ。バンドというのはこういうふうに始まるんだな」と当時を懐かしんだ。

 「フジテレビ秘蔵アーカイブ集」と題し、ソロシンガー“矢沢永吉”の蔵出し映像をオンエア。長い時間をかけて作り上げられてきた歌唱スタイルについて仲間が質問すると、YAZAWAタオルを肩にかけて歌うことになった経緯、独特のマイクパフォーマンスの誕生秘話などを明かした。スタジオでは、マイナーコードの切なさがよく出た大好きな曲の1つという、アルバム『共犯者』(88年発売)収録曲「ニューグランドホテル」をシックに歌い上げる。

 そして、古希の誕生日当日の14日放送回では、司会の仲間、軽部真一アナウンサーから大きな花束がプレゼントされた。70歳を迎えた感想を聞かれた矢沢は「信じられません」とひと言、かみしめるようにしみじみ語った。

 長寿番組『ミュージックフェア』ならではの過去出演時の映像では、初登場の79年から前回出演時の2014年までを紹介。軽部アナが「男としてカッコよく年を重ねることができる秘訣は?」と尋ねると、「本当になりたかった、歌を歌うという仕事を全うしようとしたことかな」と答えた。そのほかにもロックンローラーのイメージとは異なる知られざる一面などについても語り、思わず“かわいい”と表現したくなるようなキュートな一面も見せる。

 スタジオパフォーマンスは「南米のにおいが少しして、曲を書いたときから好きだった」という「長い黒髪」と、7年ぶりの最新アルバム『いつか、その日が来る日まで...』(4日発売)から「ヨコハマ Uo・Uo・Uo」を披露。新アルバムのタイトルには「まだ歌えるまで歌うぞ、ステージに立つぞ」という今の思いが込められているという。

 フジテレビの島田和正ディレクターは「待望のニューアルバム、最高の楽曲とともに、最高の映像が収録できました。トークも名言だらけ、タオル投げの起源やマイクスタンドの秘話、“俺はいいけど矢沢はどうかな…?”の話まで、ご本人の口からこんなに話して頂けるとは!という、とても面白い話ばかりです」と大喜び。「『リブ・ヤング!』出演時の映像や、それ以降の貴重な過去出演映像もたくさんあり、どう編集しようか頭を悩ませています。日本のキング・オブ・ロック、矢沢永吉さんの70歳をお祝いするにふさわしい、濃密な回になることをお約束します」とうれしい悲鳴をあげている。