テレビアニメ『真・中華一番!』が10月11日よりMBSとTBSのアニメイズム枠で放送されることが2日、発表された。あわせてキャスト情報も公開となり、主人公・マオ役を藤原夏海、メイリィ役を茅野愛衣、シロウ役を藤井ゆきよ、シェル役を中村悠一、レオン役を杉田智和、フェイ役を榎木淳弥、チョウユ役を下山吉光、ルオウ役を辻親八、ショウアン役を中川慶一、シャン役を甲斐田裕子が担当する。

【写真】出演者の榎木淳弥、杉田智和ら人気声優集結

 同作は、十九世紀の中国を舞台に、史上最年少で中国の頂点と言われる料理人資格「特級厨師試験」に合格した主人公・劉昴星(リュウ・マオシン)が、料理人としての見聞を広めるため、仲間のシロウとメイリィたちとともに、「料理で人を支配する」という野望をもつ“裏料理界”と料理で闘うストーリー。中国料理界を守護するといわれている八つの“伝説の厨具”を守っていく。

 1995年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載がスタートした『中華一番!』の後期的な物語として99年まで連載。『中華一番!』は97年にテレビアニメ化された。また、99年には、中国と台湾で放送され人気となっており、2005年にテレビドラマ化されている。

 またこの日、10月19日、20日に開催される「仙台アニメフェス」にて『真・中華一番!』のキッチンカーが登場することも発表。さらにPVも公開された。