フジテレビは2日、都内の同局で2019年10月期の番組改編発表会を行い、今回の改編テーマは「とことん挑戦!」とし、金曜と日曜を大幅に改革、水曜に新企画を投入することを発表。『子どもから大人まで家族で楽しめるフジテレビ』を目指し、編成部長・齋藤翼氏は「ここ数年のフジテレビは番組改編を大幅に進めていきました。4月はほぼ改編せず番組の定着を目指して、それぞれの番組の進化を促して参りました。おかげさまで、2018年度の平均視聴率がG帯、P帯ともに実に9年ぶりに上昇することができました」と好調だと明かした。

【写真】サンド富澤、二階堂ふみのハグに大照れ

 続けて「また、19年度の4月~7月も、18年度の同時期と比較しますとG帯が7.8%から8.1%、P帯が7.7%から7.8%と少しではありますが上げてきています。最近では数多くの番組が視聴率を10%以上乗せることができております。ゴールデン、プライムという主戦場で確実に上昇の機運に乗せていると思います」と伝えた。

 この日、発表された改編率は全日(前6:00~深0:00)6.2%、プライム(後7:00~後11:00)26.5%、ゴールデン22.0%(後7:00~後10:00)。この数字は2018年10月期の改編率は全日5.8%、プライム24.5%、ゴールデン23.1%とほぼ変わらないが、今回は「週平均の数字を上げていくために課題である『週末』の強化に図っていく」とし、週末に番組を楽しんでもらうべく「金曜は大胆な改革に挑戦」「日曜は差別化に挑戦」「水曜は若き才能の挑戦」の3つを軸に掲げた。

 金曜はお笑いコンビ・サンドウィッチマンと麒麟・川島明による同局のゴールデンレギュラー番組で初MCとして、調査徹底であぶり出したバラエティー番組『ウワサのお客さま』(毎週金曜 後9:00)をスタート。そして、日曜日のバラエティー『でんじろうのTHE実験』を同時間帯の午後8時に枠を移動させた。

 注目の日曜は約2時間枠をとったノンフィクションエンターテインメント枠のバラエティー番組『日曜THEリアル!』(毎週日曜 後8:00~9:54)を開始し、レギュラー放送されている『ザ・ノンフィクション』や特番など、数々のノンフィクションコンテンツとノウハウを生かし、各局がしのぎを削る日曜夜に新たな勝負をかける。

 新設される『日曜THEリアル!』のコンセプトは「『家族で楽しめる!』をとことん追求したリアルで、アグレッシブな、心を揺さぶられるノンフィクションエンターテインメント」。『世界法廷ミステリー』や『開かずの扉』など、これまで放送された人気番組をラインナップするほか、新企画も続々登場する予定だという。

 水曜は俳優の風間俊介、お笑いコンビ・麒麟の川島明らによるバラエティー新レギュラー番組『BACK TO SCHOOL!』(毎週水曜 後10:00~)をスタートさせる。現在、同枠では『梅沢富美男のズバッと聞きます!』が放送されているが、9月をもってレギュラー放送を終了させ、“水10”に新たな青春ドキュメントバラエティーが立ち上がる。

 「もっといっぱい友達がほしかった」「思いっきり恋をしてみたかった」などといった、学生時代にやり残してしまったという後悔の気持ちを心のどこかに抱きながら大人になってしまった芸能人が、一度だけ学校に戻ることができる“数日間の物語”を描く。

 これまで、3度にわたって特番が放送されており、総合演出を務めるのは、入社6年目のディレクター・田中良樹氏で、ゴールデン・プライム帯番組の初MCとなる風間と川島ともにフレッシュな顔ぶれで盛り上げていく。