お笑いコンビ・EXITのりんたろー。(33)と兼近大樹(28)が1日、都内で行われた映画『人間失格』(13日公開)の女子限定SPトークショー付き試写会イベントに登壇。イベント内で“人間失格”と思ったことを聞かれたりんたろー。は介護士時代を回想し、自身の失敗談を笑いに変えていた。

【写真】試写会イベントに登壇したEXIT

 板橋区の老人ホームで働いていたりんたろー。は「板橋区って老人ホームが激戦区なんですよ。おじいちゃん、おばあちゃんと公園に花見に行ったら『ここは天国ですか?』と思うくらいの情景が広がっていて」と笑い「花見が終わって、帰ってワゴン車から降ろしているときに知らないおじいちゃんが混じってたんです。そのときに僕は介護士失格だなと思いました」と振り返った。そのおじいちゃんは、たまたま隣の老人ホームに通っていたようで「そっと返しました」と明かし、会場の笑いを誘った。

 さらに、自身のナンパ方法を明かしたいと希望したりんたろー。は「クラブが好きなんでよくナンパしているんですけど『俺の名字シェアする?』と言っています」と披露するも、女性からの反応は「『はい?』って言われますね」と成功はしていない様子。これには兼近も「クラブで名字のシェアを求められても…」と冷静なツッコみが入り、イベントを盛り上げていた。

 『走れメロス』『津軽』など数々の有名作品を世に出した太宰が死の直前に発表し、遺作となった『人間失格』は累計1200万部以上を売り上げ、今もなお歴代ベストセラーランキングのトップを争う人気書籍。写真家としても著名な蜷川実花氏がメガホンを取り、原作小説の映画化ではなく、『人間失格』の誕生秘話を太宰(小栗旬)と彼を愛した3人の女性たちの目線で、事実をもとにしたフィクションとして描く。