女優の松本穂香、俳優の板尾創路、浜野謙太が31日、都内で行われた映画『おいしい家族』(9月20日公開)のヒット祈願上映会に参加した。

【全身ショット】カラフルな浴衣で登場した松本穂香

 新鋭作家・ふくだ氏の初長編作品となる同作は、ふくだ氏自身が監督を務めた前出の短編映画『父の結婚』が原作。妻を亡くした父親が再婚するまでの親子の日々を描いた同作を長編化し、舞台を離島に移しエピソードやキャラクターが追加されることで、家族における絆とそこへ向き合う主人公の心境を深く描いている。

 ふくだももこ監督について、松本は「監督は、とにかく1番、楽しんでいた。『エエやん』と自信満々で先陣を切ってやってくれた。私たちも安心して最後までやれた」と人柄を語っていた。新島での撮影は楽しいものだったという。ハマケンは「着いたその日に板尾さんに『ハマケン、行こう』とデートに誘ってもらった。2人のセルフィーしたり、波打ち際で『かかった!』みたいな」と自転車デートを満喫したという。

 ただ、1つだけ残念なこともあったそう。島にある露天風呂に行ったときのことだという。露天風呂に行く話をしていると、出演するモトーラ世理奈も「私も行きたい!」と参加に意欲を示したという。ハマケンは「すっごくテンションが上がった。でも、そのうちにモトーラちゃんはなかったことになって、おっさんたちで行った」と懐かしんだ。板尾が「混浴って言っても裸になるわけじゃない。水着ですよ」と話したが松本は「モトーラちゃん、行かなくてよかったなと思います」とキュートな笑顔で突き放し、笑わせた。

 舞台あいさつには笠松将、ふくだ監督も参加した。