テレビ朝日系で放送中の土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』(毎週土曜 後11:15~深0:05)。31日放送の第6話に登場する若手お笑いグループ・見切り発車&げんこつロデオのキャストが発表された。中でも、音マネの達人”見切り発車の北川千尋役には、国内外から脚光を浴びる大人気のヒューマンビートボクサー、Daichiを起用。個性的で魅力あふれる出演者たちが、佳境にさしかかるストーリーをさらに盛り上げる。

【写真】ヒューマンビートボクサーの第一人者、Daichi

 人を笑わせることが大好きで、笑わせるためなら命がけで何でもやる“学園の爆笑王”こと上妻圭右(間宮祥太朗)と、高校生ながら元プロ芸人の辻本潤(渡辺大知)の成長と奮闘を描いた、森田まさのり氏の同名漫画を実写化した本作。

 Daichiは、楽器を全く使うことなく“50種類以上の音を口から出す”ことができ、さらにリズムとメロディーを同時に奏でられるスゴ技の持ち主。2012年に米ニューヨークの名門ライブハウス「アポロシアター」が主催した大会で日本人初の年間3位に輝いた。世界から注目を集めるきっかけとなったYouTubeでは、チャンネル登録者数が120万人を越えており、総再生回数は3億8千万以上にものぼっている(※2019年8月現在)

 そんなDaichiが本作で演じる北川は、圭右が高校卒業後に進学するお笑い養成学校YCA(ヨシムラコミックアカデミー)の同期生。機械などの“音マネが天才的”に上手く、ほかのメンバー2人が演じるコントに、口だけで効果音をつけるという、まさにヒューマンビートボクサーにうってつけの役どころとなっている。

 お笑いトリオ・見切り発車のほかのメンバーには、堀内泰示役に『動物戦隊ジュウオウジャー』(16年、テレビ朝日)で門藤操/ジュウオウザワールド役を務めた國島直希。成瀬智也役に映画『ちはやふる』や映画『ギャングース』など多くの話題作に出演してきた菅原健が演じる。

 一方、圭右の同期としてYCAに入学し、激しく火花を散らすライバルコンビ、げんこつロデオのツッコミ担当の岩隈将大役には、岡本智礼。昨年、俳優活動を開始したばかりにもかかわらず、映画『日日是好日』といった名作にも出演を果たした期待の俳優。

 ボケ担当の内川修一を演じる坂口涼太郎は、シンガーソングライター、ダンサーとしても活躍している俳優で、映画『ちはやふる』など話題作へも多数出演。そのマルチかつ個性的な才能により、熱い関心を寄せられている。

■第6話(8月31日放送)のあらすじ
 念願だった、NMC(ニッポン漫才クラシック)の決勝進出の切符を手にしたデジタルきんぎょ。藤川(尾上寛之)から関西弁を止めるように指摘された圭右(間宮祥太朗)は、藤川と同じ考えを持つ辻本(渡辺大知)と激しく衝突する。そんな2人に、突然、藤川の訃報が入る…。

 深い悲しみに沈む妻・尚美(黒坂真美)や、圭右、辻本たち。しかし相方の金本(駿河太郎)だけは、藤川の遺体との対面もそこそこに、レギュラーを務めるラジオの仕事へ向かう。その態度に憤りを覚えた圭右は、藤川の思いを金本にぶつける。生前、藤川は金本の実力を認め、相方でいられることを密かに誇りに思っていたのだと。

 藤川の本音を知った金本は、「相方て何なんやろうな」と自問しながら、圭右をラジオ局へ連れて行き生放送に臨む。”いつも通り自分たちの仕事をしたい”と願う金本は、亡き相方・藤川の代わりに圭右を座らせ、何事もなかったように喋り始めるのだが…。

 互いに相方を高く評価しながらも、思いを最後まで伝えられなかったデジタルきんぎょの2人。その様を間近で見た圭右が取った行動とは…?