関西ジャニーズJr.の人気グループ・Aぇ!groupの正門良規が9月7日放送のBS日テレの連続ドラマ『恋の病と野郎組』(毎週土曜 後11:30)第8話で主人公を演じることが、わかった。ジャニーズJr.8人が主演を務めてきた撮影を振り返り、正門は「一番心に残っているのは、本番が始まる前のリハーサルの日です。お互いに顔と名前は知っていても、そんなにしゃべったことはなかったのですが、ものすごい距離感でいじってきてくれて。それが凄く嬉しかったことはきっと一生忘れないです」と熱い夏を過ごした“野郎組”への思いを感慨深げに語った。

Aぇ!groupのプロフィール

 
 同ドラマは共学にも関わらず、男女比の都合で作られた全員男子のクラス、通称“野郎組”に集められた男子高生8人が、「女子と話せない病」を患いながらも、女子との触れ合いを求め一致団結し奮闘する学園ラブコメディー。第8話では、女子と触れ合う機会がない“野郎組”の8人の中で、剣道部部長の八代凛太朗(正門)が“女子と話せる暗示”にかかり、入部希望の美少女転校生・サキと会話ができるようになるというもの。

 野郎組はメンタルトレーニングとして二葉(佐藤龍我)に“女子と話せる暗示”をかけるが、効果なし。そんな中、剣道部部長の八代に挑戦的な入部希望者が現れる。最初こそ面で判らなかったが、この剣士は、話題の転校生女子、サキ(駒井蓮)だった。実は八代は、二葉と間違えて“女子と話せる暗示”にかかっていたためサキとも会話が成立していたのだ。強気の彼女とぶつかり合いながら恋心を抱く八代だったが、それは暗示のおかげだと知り…。
 
 撮影で剣道に初挑戦した正門は「難しかったです。撮影前に道場に伺って、ごあいさつの仕方や所作、礼儀からしっかりと教えていただきました。滝沢歌舞伎に出演させて頂いたときに殺陣をやったのですが、刀の握り方など違いが色々ありました。実際に目の前の相手と戦う剣道と戦いを見せる殺陣とでは変わってくるんやなと思いました」と苦戦しつつも奮闘。

 また、「Jr.8人で初主演ドラマをやるという凄い経験をさせて頂いて、撮影の日々を大切に思っていますし、唯一無二の野郎組の現場に愛着もあります。もしまた Jr.でドラマをやらせて頂くことがあっても、野郎組とは同じ形にはならないと思うので、ドラマ撮影が終わることを考えるとまだ終わっていないのに寂しくなってしまいます」と本音もチラリ。

 「いつか野郎組同窓会をやってみたいです。例えば30歳になった野郎組。二葉はお坊ちゃんのまんま変わっていない気がします。五島(猪狩蒼弥)は社長になっていたりして。30 歳になった野郎組の中には、結婚している人とか恋人がいる人とかがいても面白いと思うんですけれど、やっぱり一条だけこじらせていて、まだ“女子と話せない病”が治っていなかったら面白いですよね。『まだ話せないの?』って。そんな野郎組の物語、いつかやってみたいです」と再会の日を心待ちにしていた。