人気グループ・King & Princeの平野紫耀と女優の今田美桜が2日放送のフジテレビ系バラエティー『痛快TV スカッとジャパン』(毎週月曜 後8:00)のショートドラマ『胸キュンスカッと』に出演することがわかった。平野の同コーナー出演は今回が2回目で今田は初出演。二人の共演はTBS系連ドラ『花のち晴れ』(2018年4月期)以来の約1年ぶりとなり、今回は“先輩後輩”という間柄にチャレンジ。平野は「本から始まる出会いで、図書室でのかわいらしいやり取りだったり、初々しい告白だったりが待っているので、見ているみなさんがキュンキュンしてくれたらいいなと思っています」と呼びかけている。

【写真】今田美桜、可憐な制服姿

 2人が出演する同コーナーのタイトルは『図書室に出るのは…』。ホラーが好きでいつも図書室でホラー小説を読んでいる高校2年生・藤原まなと(平野)。まなとはイケメンで学校内での人気も高い。まなとがいつものように図書室で本を読んでいると、怖い幽霊が出ると噂が広まり、人が寄りつかなくなった図書室に現れたのは1年生で転校してきたばかりの皆川いのり(今田)だった。いのりが手にした本もホラー小説で、趣味の合う二人は度々図書室で会うようになる。

 ある日、いのりが教室で本を読んでいるとそこに先輩の女子3人組から「まなとくんに近づいたら、ただじゃおかない」と言われ、その日以来、いのりは図書室に行くことをやめてしまう。ある日の登校途中、最近図書室に来なくなったいのりを心配して声をかけてきたまなとに「勉強が忙しくて…」と言い訳するいのり。「勉強の合間にでも読んでよ」と最近読んで面白かったという本を笑顔で渡し行ってしまうまなとの姿に、いのりは自分の気持ちに気付き、素直になろうと決意するのだが…。

 「制服を着て恋愛モノの撮影をすると若返った感じがします。“胸キュン”要員でいられているのが何よりうれしいです。ジャニーズは『ファンが胸キュンする一言』とか自由演技でやることが多くて、僕はそれが苦手なんです。でもセリフとしてあるのはできるのでやっていて楽しかったです」と撮影の感想を語る平野。

 そんな平野との再共演に今田は「先輩後輩と関係が不思議な感覚でした」と率直に振り返り、平野は「確かに。実年齢では同い年だよね。だから後輩というのは不思議な感じでしたね。敬語を使われる事もなかったので。でも、久々な感じがそんなにしなかったよね」とコメント。少し間をあけてから「…うん。あんまりしなかったですね」と笑う今田に、平野が「あれ? 久々な感じしているね、それ」とツッコミを入れ、今田は「してない、してない(笑)」と返すなどコンビネーションは健在。

 みどころの一つとなるのが平野演じるまなとの告白シーン。平野は「今回演じたまなとの告白の仕方は恥ずかしいですね(笑)。あんな告白してみたいですけど恥ずかしくて自分にはできないです」というちょっぴり変わったその告白の仕方とは…。平野は「あれ、俺のやり方じゃないですからね。まなとくんですから」と断りを入れ、今田も「あれを準備しているのを想像したらちょっと面白くなっちゃうかもしれないです(笑)」とうなずいた。

 またスタジオ収録にも参加した平野は、あるコンプレックスを告白するも、そのぜいたくな悩みの写真が映し出されると客席からは悲鳴のような黄色い声が。その光景に司会の内村光良は思わず嫉妬する場面も。また、パワハラ上司のショートドラマの後、内村から「(事務所に)嫌な先輩とかいなかった?」と聞かれ、「いや、いても言えないですよ」と否定するもスタジオがおかしな空気に…。慌てて立ち上がり、何度も「いないですよ」と否定を繰り返し、スタジオの爆笑を誘った。