お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(28)とりんたろー。(33)が1日、都内で行われた映画『人間失格』(13日公開)の女子限定SPトークショー付き試写会イベントに登壇。同作では、3人の女性と恋をする太宰治が描かれるが兼近は「逆に古い。今のチャラ男は1人をめっちゃ愛するんですよ」と、自身をネオチャラ男であると胸を張っていた。

【写真】試写会イベントに登壇したEXIT

 兼近は「いろんな人に恋をして1周して、1人の女性を愛する」と主張すると、相方のりんたろー。からは「それはチャラ男じゃなくて、兼近さんですね」と冷静なツッコミが。りんたろー。は太宰について「突き通す姿勢がすばらしいと思っちゃいましたけど、今やったら大炎上ですよね。文春砲で一発でアウト」と語った。さらに、りんたろー。のクラブ好き話についていこうとした兼近だが「世田谷の? 三茶にある? クラブに行ったんですよ」とバレバレのうそをつき「クラブってどういう場所なんだろうか」とつぶやき、会場の笑いを誘っていた。

 また、同作について「難しくて内容がほぼ入ってきませんでした」と最初は語っていた兼近だったが、後半になるにつれて「太宰は才能に酔っていただけ。映画がすべてじゃないぞ!」とファンに説明。ほかにも、映画で登場する3人の女性で好きな人を聞かれ「おれは『斜陽』の本を読んで『私もこんな恋愛をしたい!』と言っていた子ですね」と脇役を指名すると、MCからは「ちゃんと観られているんですね」としっかり勉強していることを暴露されていた。

 さらに、兼近は『エイリアン』のTシャツを着て登場し、りんたろー。からは「こいつ別の映画をPRしてますよ?」とツッコみが。兼近も堂々とTシャツをアピールする一幕を見せて、会場を盛り上げていた。

 『走れメロス』『津軽』など数々の有名作品を世に出した太宰が死の直前に発表し、遺作となった『人間失格』は累計1200万部以上を売り上げ、今もなお歴代ベストセラーランキングのトップを争う人気書籍。写真家としても著名な蜷川実花氏がメガホンを取り、原作小説の映画化ではなく、『人間失格』の誕生秘話を太宰(小栗旬)と彼を愛した3人の女性たちの目線で、事実をもとにしたフィクションとして描く。