俳優の柿澤勇人、佐藤二朗、女優の広瀬アリスが31日、東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで三谷幸喜作・演出の舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』の公開けいこに参加した。

【写真】かわいい”てへぺろ”を披露した広瀬アリス

 ホームズファンを公言する三谷が「シャーロック・ホームズはいかにして、偉大なる名探偵になったのか?」をテーマに、ホームズとワトスンの名コンビが出会ってから「緋色の研究」で描かれた最初の事件に遭遇するまでを描いた物語。若き名探偵のシャーロック・ホームズを柿澤、ワトスン博士を佐藤、事件の依頼人であるヴァイオレット・ファーランドを広瀬が演じる。3人は三谷が演出する作品に初出演となる。

 けいこ場の雰囲気について三谷は「メインの3人は初めてで新鮮。柿澤さんも、広瀬さんも一生懸命。すごくフレッシュな感じ」と振り返りながら「二朗さんはちょっと面倒くさい…」と本音をチラリ。佐藤は「いっぱい人がいるのに何を言ってるの?」と三谷に詰め寄った。三谷は「何が引っかかるかと言うと、けいこ場で半ズボン。ヴィクトリア朝のロンドンが舞台で全員がイギリス人なのに1人だけ日曜日のお父さん。どうやってイメージを作ればいいのか」と丁寧に説明しながらボヤいて、笑わせた。

 そんな三谷について広瀬は「けいこ場で母のような感じ。優しく見守って、優しい口調で教えてくださる」と話すと、佐藤も「品のあるオバサン」と同調していた。どんな演出があったのか問われると広瀬は「ここで変顔してもらっていいですか、みたいな」と苦笑い。三谷は「言えば何でもやってくれるんです。ステキなおもちゃをいただいたみたいな」と驚きながら、コメディセンスと度胸を大絶賛していた。

 さらに、見どころについて三谷は「広瀬さんが事件を依頼するときの1人芝居」とする。広瀬は「長いですよね、あそこ…」と責任重大なシーンになったという。けいこを重ねるに連れて長尺になったようで佐藤は「アリスちゃん、見上げたもの。演出家が『これ、やって』と言ったら『やります』と。三谷さんが、どんどん足していった」と明かし、三谷も「『そんなことやるんですか』を期待しているんですけど『はい』と。聞いてるのか、コイツと思ったら、やっちゃうんです」とうなっていた。三谷の無茶ぶりを全て受け入れるようになった経緯について広瀬は「はじめましてのときに『魚に似てるね』って言われた。その時から心を広く持とうと思いましたね」とにっこり。三谷は「ちょっとカワハギに似てるんです」と重ねて、佐藤から「やめなさい!」と止められていた。

 また、夏の思い出を問われると3人そろって「ずっとけいこ…」とぽつり。佐藤は「海にも行けず」と話すと、広瀬は「海、行っちゃった。けいこ前に」と告白。キュートな“てへぺろ”ポーズをすると、佐藤も「じゃあ俺も」とついでに同じポーズ。シャッター音が響くと佐藤は「何に使うの?」と笑っていた。

 舞台はあす9月1日から29日まで同所で、その後、大阪と福岡で上演される。