フェンシング日本代表フルーレ女子の東晟良(あずま・せら)選手が30日、都内で行われた鈴乃屋『第58回清鈴苑きものショー「美しい調和」』に出席。振袖に身を包み、人生初のランウェイを歩いた。

【写真】着物姿で”フェンシング”のポーズをとる東晟良選手

 ランウェイを終えた後は囲み取材に応じた東。「初めてファッションショーみたいな形で出たので、試合より緊張しました」とはにかみながら感想を語った。

 今月20歳を迎え、誕生日は京都で清水寺や伏見稲荷神社などをめぐり満喫したという。さっそく成人式の振袖に話題が及ぶと、「まだ出られるかわからないですが、こんなかわいい感じのを着てみたいですね」と理想を明かしていた。

 9月からは全日本選手権を控え3連覇が期待されるが、「もちろん3連覇を目指してるんですけど、固くなりすぎず、自分らしいプレーができるように頑張りたいです」と掲げていた。