1990年より「漫画アクション」(双葉社)で連載が開始されてから、来年(2020年)にでなんと30周年を迎える『クレヨンしんちゃん』。アニメも1992年よりテレビ朝日系で放送開始以来、愛され続けている。そして、毎年大ヒットを記録し続けている映画シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が、2020年GWに公開されることが発表された。

【動画】『映画クレヨンしんちゃん』次回作、最新映像

 誰もが一度は思い描く「もしも自分の描いた絵が動きだしたら…」という夢。本作は嵐を呼ぶ5歳児・野原しんのすけが、クレヨン1本を手に、そんな楽しい世界を描き出す。

 この度解禁された映像で描かれるのは、遥か上空、逆さに浮く王国=ラクガキングダム。そこには光り輝く1本のクレヨン。突如迫り来るラクガキングダムに地上の人々が逃げ惑うなか、輝くクレヨンを手に全力でラクガキをするしんのすけの姿が! はたしてしんのすけの持っているクレヨンの力とは? 救いのヒーロー「ぶりぶりざえもん」が物語の鍵となる…のか!? タイトルの「ほぼ」の意味も気になるところ。「ラクガキ」と「しんちゃん」、ありそうでなかった、いまだかつてない組み合わせに期待が高まる。

 監督を務めるのは『ラブライブ!』『宝石の国』の京極尚彦(きょうごく・たかひこ)氏。さらに、脚本には『婚前特急』『そこのみにて光輝く』の高田亮(たかだ・りょう)氏という誰も予想しなかったタッグが実現。劇場版監督を初めて務める京極氏は「完成に向けて、自分もワクワクしながらスタッフ一同頑張っております」とコメント。高田氏も「しんちゃんの予想のつかない言動に私自身も翻ろうされながら、自由な発想が最も力を持つことを信じて書きました。観れば誰もが勇者になれる!」とコメントを寄せている。

■声の出演
小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、神谷浩史

■京極尚彦監督のコメント

 2020年の監督を務めさせていただく事になりました! テレビシリーズの演出として以前から参加していたので、不思議とシリーズ初監督という実感はあまりないです。完成に向けて、自分もワクワクしながらスタッフ一同頑張っております。今作はタイトルにもある『クレヨン』が大きな事件を巻き起こします。空に浮かぶお城の正体とは…!? ぶりぶりざえもんも登場します! しんのすけとその仲間たちから生まれる新しい物語。どうぞお楽しみに!

■脚本・高田亮氏のコメント

 普段は実写の脚本を書いている私に、この依頼がきたときは正直驚きましたが、普段書けないような奇想天外な物語を書けるチャンスだとも思い、二つ返事で引き受けました。しんちゃんの予想のつかない言動に私自身も翻弄されながら、自由な発想が最も力を持つことを信じて書きました。観れば誰もが勇者になれる!

■近藤慶一プロデューサー(シンエイ動画)のコメント

 本作は新たに監督として京極尚彦さん、脚本に高田亮さんをお呼びしました! 京極監督のキャラクターの魅力を最大限に引き出す演出は、5歳のしんちゃんにしっかり寄り添い、まるでしんちゃんが、自分の友達の様に思えてくる感覚で新しくも懐かしい気持ちにさせてくれます。高田さんの脚本には、先の読めない展開に読んでいていつも驚かされます。自由奔放なしんのすけが、こちらの意図とは違う動きをする事をご自身が楽しんで書かれている姿がとても印象的です。展開の読めない面白さの連続がしんちゃんと一緒に冒険している感覚でワクワクします。このお二人がタッグを組み「クレヨンしんちゃん」を描く! キャラクターに寄り添う京極監督の演出!高田さんの描く先の読めないハラハラドキドキな展開! この化学反応を是非とも劇場でごらんください!

■公式サイト
http://www.shinchan-movie.com/